アクセスランキング 【新潟記念2019】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【新潟記念2019】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

ダッシングブレイズ、チェスナットコート、ブラックスピネル、フランツ、ユーキャンスマイル、レイエンダ

キーンランドカップ2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




ダッシングブレイズ

栗東 CW 良 水曜日 併せ 強め

6F85.8 5F68.2 4F52.2 3F37.6 1F12.3

新潟大賞典8着。追って味の出る馬だけど、前が止まらず8着まで。一発は警戒すべきと思えるくらい、良い脚を使う時もあるけど余程展開がハマらないとそういう終いは使ってこない印象。最近はピリッとしない脚勢の事も多いし、様子見かな。

今年に入ってから、頸と四肢の連動が浅くなりストライドの開きがやや甘くなっているハズ(見た目には判断できないけど、理屈ではそうなので)なのがどうか。時計は出すからそれでも悪くは見えないけど、重賞を勝った時に比べるとそういう所で見劣るな。

69点




チェスナットコート

※水曜日時点で追い切り映像は無し

目黒記念7着。強調材料に乏しい馬で、折り合いはつくけど追って伸びるワケでもなし、粘るワケでもなしで、競走馬としての武器がない。ここも厳しいと思うよ。




ブラックスピネル

栗東 坂路 重 水曜日  併せ 強め

4F52.0 3F37.5  2F24.5 1F12.5

七夕賞14着。前が壊滅したレースだったし、外枠からハナに行けなかったのも痛かった。全然自分の競馬をさせて貰えていなかった。スムーズに前に行ける展開ならここも分からないよ。確たる逃げ馬もいないし、面白いかも。

時計を出して仕上げる馬で大して追わずに14.5-13.0-12.0-12.5と狙ったラップを出せているのは好感。僚馬のバテ具合から結構走り辛い中での計時だったみたいだし、この動きは良いと思う。前回は展開がハマらなかっただけ、と感じたよ。この動きなら、反撃も十分期待。

87点

フランツ

栗東 坂路 重 水曜日  併せ 一杯

4F52.8 3F38.9  2F25.8 1F13.2

むらさき賞1着。ダービー当日の高速馬場で前が止まらない中、直線、最後方+捌くの手間取っての追い遅れと言うビハインドを跳ね返して勝ち切った。1600万下の中でも見どころのある内容だったと思う。出遅れがどうかだけど、重賞でどこまでやれるかやや注目したい。

終い200mで一気に止まった。登坂も決して意欲的ではなかったし、ちょっと動いていない印象だね。ここを叩いて変わってくるかもしれないけど、まずこの動きでは今回は様子見じゃないかな。

7点

ユーキャンスマイル

栗東 坂路 重 水曜日  単 強め

4F53.7 3F39.0  2F25.2 1F12.6

天皇賞春5着。距離がいくら長くても大丈夫と思える程の完璧に近い折り合いを誇り末脚も使える馬。こういう馬なだけに2000mは本領を活かせないのではと思うよ。右回りで結構内にモタれるので、左回りのここは終いだけなら前進材料。

時計は狙いよりいくらか遅れたと思う(多分53.5-12.5狙い)。前回感じた前脚の崩れは今回は感じないし、この馬場でも意欲を持って登っていた。休み明けでこれなら良いんじゃないかな。後は距離が守備範囲かどうかだろう。

78点

レイエンダ

美浦 坂路 やや重 水曜日  併せ 馬なり

4F53.8 3F38.6  2F24.7 1F12.1

エプソムカップ1着。上り勝負で前めにいた恩恵があったのは正直否めないと思う。2、3戦前がそうだったけど、気分良くいけないと直線追ってパッタリという所があり、今一つアテにしづらい。折り合い自体はかなりつくようになってきていて、レース振り自体は向上しているけど、まだ危なさは感じるよ。

進みたがりぃな所は感じるけど、それがこの馬のある意味での良さ。楽そうに駆け上がっているし、性能はやはり高そう。後は気分よく行ける展開を作れるかだろう。追い切りの動きより、実戦での絡みや兼ね合いや寄せが加わった時にどうなるか。

68点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする