アクセスランキング セントウルS・京成杯AH2019 簡易回顧 (管理人用雑記)
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

セントウルS・京成杯AH2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

セントウルS・京成杯AH2019 簡易回顧

タワーオブロンドン

セントウルS1着。普通に強かったとしか言い様がない内容だった。普段通り中団で進めて直線少し外に出すとワンストロークで一気に伸びてムチを使わず勝利。中1週で動ける状態になっていたのも幸いしただろうし、出来ていたという事じゃないかな。力の出しすぎがあったのであれば反動はきそう。今後の調整に影響がなければ本番も楽しみ。

ファンタジスト

セントウルS2着。前走で1200mを使った分か進みが良くなり今回は普通に流れに乗れていた。勝馬を除けば基本前めが残ったレースだったしスムーズに2~3番手につけられたこの馬には展開が向いていたところもあったと思う。決め脚がそこまで強烈ではないからどうしても善戦止まり。本番、少しでも前進を。

ミスターメロディー

セントウルS8着。追い切りでも感じたけど、気持ちの乗りがもう一つで、この馬らしく運べなかった。掛かった方が走るタイプで口元が唾液で真っ白になるくらいハミを噛んで運ぶ位がちょうど良いんだけど、今回は以前大敗した阪急杯の時の様にハミのハマりが浅かった。それでも直線途中まで楽そうだったから気持ちの問題であって実力負けではないハズ。内側から競り出しを喰らって接触があったのも影響したかな。一回使った事で高ぶってくれば。

トロワゼトワル

京成杯AH1着。序盤からガンガン出していく横山典騎手の判断が上手く乗った。結構なペースで飛ばして終始淀みの無い道中だったんじゃないかな。4角で一瞬ヤメかけたけど直線に向くと脚勢を盛り返してまた伸びた。他馬を極端に気にする馬だし、こういう戦術がハマれば強いのかもしれないな。今後も一発狙いの所はあると思う。

ディメンシオン

京成杯AH2着。道中少し噛んだけど大きな影響はなかったみたい。前が残ったレースだし2~3番手で進められた所も良かったんじゃないかな。追われた時にストライドも開いていたし、脚を使えそうな走りはしている。次はどこを使ってくるかわからないけど、牝馬のレースなら善戦は十分期待できると思う。

グルーヴィット

京成杯AH11着。ほぼ問題なく運べたと思うんだけど、どうしたかな…。4角で手応えが重くなるのは前回もそうだったし、ここからエンジンが点火して行き切れるかどうかなのかも。手前も替えずに前を追う事もなく負けてしまった。少し信頼度というか、評価は下がったね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする