アクセスランキング セントライト記念2019 簡易回顧 (管理人用雑記)
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

セントライト記念2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

セントライト記念2019 簡易回顧

リオンリオン

セントライト記念1着。序盤でキレイに逃げの手を作れそうだったけど、外から一頭来ると(ノリさんは迷惑そうだったけど)その馬に譲って二番手に下げた。逃げばかりの馬だから下げての2番手はどうかなと思うけど、案外普通に折り合えていたね。菊花賞の逃げ切りは大変だし、控えての競馬で結果が出たし良い材料になったんじゃないかな。温存出来た分もあるけど、坂を登ってからもなお伸びていたし余力はあったと思う。菊花賞も当然楽しみ。

サトノルークス

セントライト記念2着。春は結構おっとりして運ぶ競馬が目立ったけど、セントライト記念では比較的キビキビして前を追走出来ていて勝負所でも能動的に動けていた。4角は鞍上によっては外に出してもおかしくない手合いだったけど、川田騎手が一撃を狙ってインに固執した結果最後の最後で弾けた。見事な判断だったと思う。春の折り合いがつく競馬から長距離はは心配していないし、菊花賞もチャンスはあると思う。

ザダル

セントライト記念3着。1枠でずーっとインを折り合って運んでおり、消耗は最小限に抑えた。最後は前が中々開かなくてその間にリオンリオンに先を行かれた離されての敗北。ただ、2着のサトノルークスよりは早めに仕掛けられていたし、それでも3着に交わされた当たりあの条件での実力差は感じたな。

ルヴォルグ

セントライト記念4着。中山2200mを終始外回らさせられたし、3角付近から脚を使い始めて4角も結構な外になるなどロスは被った。それでも見せ場あり、途中まで伸びての4着だしインで上手くハマった馬が1~3着に来ている事を考えると距離ロス差を考えてそうとう善戦している。最後甘くなったのは外を通りすぎた分だろう。このメンバー相手でも十分戦えるね。折り合いはつくし、出走出来れば菊花賞も決してノーチャンスとは思わない。

ニシノデイジー

セントライト記念5着。序盤から控えてかなり後方から競馬を進めた。馬群をさけたか?と言う感じには見えたね。春と違って折り合いは普通についていたし、道中ムダに力を使わなければやはり伸びがある馬だと思った。大外ブン回しで中山で直線勝負という不利な形勢になったけど、インが頑張ったレースという事を考えればこの馬も良く走っている。道中の位置取りに融通が利かないだけに展開に祈る部分はあるけど、脚力は示した。菊花賞、折り合いが少し心配ではあるけど、勝負になりそう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする