アクセスランキング 神戸新聞杯・オールカマー2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

神戸新聞杯・オールカマー2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

神戸新聞杯・オールカマー2019 簡易回顧 簡易回顧

サートゥルナーリア

神戸新聞杯1着。追い切りで掛かる気配を感じていたのとは裏腹に、レースでは終始ほぼ完璧な形で折り合った。フルパワーを出せればこれ位やっても不思議ではない馬だから、ヴェロックスを馬なりで制したのは、あの道中を見ていれば特に驚かない。次走以降も、こういう気配で運べれば古馬G1戦線でも上位のハズ。春先、使った2回目のダービーの方が暴れたから、叩いた後のテンションだけが気がかり。

ヴェロックス

神戸新聞杯2着。むしろこの馬の方が折り合いを欠きそうになる所があった。1角前で手綱を引いた時にケンカ気味になった前が浮いたんだよな。そこで引いたのが仇になったのか、終始ヘッドが上がってしまって重心の下がったストライドの広いフォームで走るには不適な形にはなっていた。まぁ、フォームうんぬんで巻き返せる差ではなかっただろうけど…。道中からは確り折り合いをつけて、気の良いこの馬らしさは確認できた。負けはしたけど、能力水準は高いと思うよ。

ワールドプレミア

神戸新聞杯3着。序盤から後方で、サートゥル・ヴェロックスには追随せず自分の競馬に徹した。勝ちには行っていない様には見えたし、相手との戦力差で勝ち目は薄いと考えて権利取りに徹したのかも(賞金も持っていないので出走権はかなり欲しい立場のハズ)。次を見据えて折り合いをつけて乗った部分は大きかったと思うし、これが活きれば。

スティッフェリオ

オールカマー1着。序盤1角進入前にハナに行かせた丸山騎手の判断が光った。決して掛かる馬では無いから、あれくらいなら出して行っても大丈夫。道中絞り絞りの運びだったけど、折り合いを乱さず整然と行けた馬も偉かった。ロングスパートタイプの馬だから良馬場のスローで早仕掛けすればチャンスありと思っていたけど、やはりそんな感じの競馬だった。ウインブライトが一息でレイデオロが出て来なかった展開のアヤも幸いしたと思うよ。

ミッキースワロー

オールカマー2着。最内枠だったから一旦最後方に下げて外に出す、渋い所を余儀なくされた。他馬を気にしてしまうので、中々インを割ってと言う競馬にはならない馬だから、やはり内枠は嬉しくないね。人気2頭を見ながら動き出しを図っていたけど、ウインブライトが行き脚がつかなかったために結果的にこの馬も遅仕掛けに。いつもみたいに800m少し前から一気にマクればもう少し違ったと思うよ。そんなに展開が向かない中、最後まで伸びての2着だし、悲観要素はないね。10月東京開催は合うかどうかだけど、地力は高いハズ。

レイデオロ

オールカマー4着。休み明けで外回しも有って、斤量差2㎏はあの差なら響いていたと判断すべきかも。グレイルに先着されたのは相手のイン突きが見事だった部分も大きいので戦力差としては感じない。折り合いはほぼついていたと思うし、ここを叩いてと言う事じゃないかな。人気馬らしい手堅い競馬をしてのものだし、貪欲に勝ちにこだわる競馬をすれば終い違うと思う。

ウインブライト

オールカマー9着。このスローでもハミ当たりの柔らかい運びが出来ていて流石だなと思ったんだけど、ペースアップする所で拳を随伴させた所でハミを持って行かず行きっぷりが悪くなった。休み明けで前進気勢の戻りが悪かったのか、どこか悪かったのかは分からないけどこの馬らしくない負け方にはなった。レースを見る限り、躓いたり、当てられたりと言うような明確な不利はなかったと思う。次の立て直しに期待、としか言いようがないな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする