アクセスランキング 【シリウスS2019】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【シリウスS2019】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

モズアトラクション、ヤマカツライデン、リアンヴェリテ、ロードアルペジオ、ロードゴラッソ

シリウスS2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ




モズアトラクション

栗東 B 良 水曜日  単 馬なり

6F90.6 5F73.5 4F57.9 3F43.0 1F12.5

エルムS1着。出遅れたけど、それが逆に功を奏したのかそこからおっつけずにタメの競馬に徹する。逃げ馬4頭が行き合うかなりハイペースの消耗戦になったからタメに徹して終い勝負の競馬にしたのは大きい。4角をキレイに捌いて直線の短い札幌で早々にフリーな状況を作った藤岡騎手の騎乗も光った。ロングスパートの末脚が利くのが武器。ただ、前回は上手く行きすぎた所は感じから過剰オッズになるようなら再考も必要か。

走り易い馬場でも行きたがる所もなくスッキリ走れているのは好感度が高い。追ってもすんなり伸びているけど、これは馬場が走り易いからなのであまり評価対象にはならないかな。スッキリ動けているし、動き自体は良好そうに見えるよ。

80点




ヤマカツライデン

※追い切り映像は無し

丹頂S7着。昔は逃げてどこまでの馬だったけど、今はハナにさえ立てれば折り合いはつけてくれている。芝不振のダ挑戦は大概上手く行かないのでまず様子見。前走は距離が長かった可能性もあるだろうけど4角バテともとれるし、そこまで強さは感じないな。




リアンヴェリテ

※追い切り映像は無し

エルムS5着。出ムチ上等で異様なまでにハナに拘る。前回は最外枠でハナに立つのに余計な体力の消耗があった。結構頑張らせた道中だったと思うけど、3着と同タイムの5着だし、直線も大きくは止まっていない。上手くすればこのメンバーなら凌げるかもしれないよ。

ロードアルペジオ

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F52.6 3F37.7    2F24.5 1F12.4

ベテルギウスステークス1着。少し3~4角から推す所があるので直線が短い所だと入口で後方になりやすい。阪神は中山よりは直線で融通を狙える部分があるし、合っていると思う。ただ、脚力に鋭さみたいなのは感じないので上位はあるかもだけど、重賞で決め切れるかどうかは気になる。

51.5秒と出した分、最後はムチを振られる等して止まり掛かっている様だけど、フットワークや姿勢に乱れはないし、この時計でこれなら良いと思う。動けている様に見えるし、この動きでこのメンバー相手なら。

74点

ロードゴラッソ

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

6F82.8 5F66.1 4F51.7 3F38.3 1F12.8

マーキュリC4着。前で粘らせる競馬をして来る。前が楽になって早めに動ければ先抜けして粘れるかも知れないけど、基本追ってそこまで伸びるたいぷではないので信頼はしづらい。掲示板常連タイプって感じはどうしてもしてしまうが、どうか。

やはり6F~3F間の余力感とは相対的に追ってからの動きの鈍さ、干満さは気になる。追って伸びないタイプでいかにも差し脚を殺される地方向きと思った。中央の軽めの馬場はあまり合わないと思う。

56点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする