アクセスランキング 【毎日王冠2019】最終追い切り所見  1/2 ダノンキングリー、インディチャンプ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【毎日王冠2019】最終追い切り所見  1/2 ダノンキングリー、インディチャンプ等 元馬術選手のコラム【競馬】

アエロリット、インディチャンプ、ギベオン、ケイアイノーテック、ダノンキングリー

毎日王冠22019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/2 by アラシ




アエロリット

美浦 坂路 良 水曜日  単 強め

4F51.6 3F38.2 2F25.7 1F13.1

安田記念2着。気性的に番手でも大丈夫ではあるけど、競って譲ってしまう所があるのでやはりリードを作った逃げが合っているだろう。開幕週、前哨戦でスロー・各馬動きだしが遅い展開になりやすいと考えると今年も勝ち目は十分だろう。内枠に入れば状況的には激熱。

前にいた他厩舎の馬を追走する気配を出したり、その分もあってか坂の最後でヤメなくなるなど、この馬としては前進気勢が高く、ストライドが伸ばせている。これが悪い方向にいく可能性もありそうな様にも何となく見えるけど、そういう色メガネつけずに見る分には進歩アリの上出来だろう。

88点




インディチャンプ

栗東 坂路 やや重 水曜日  併せ 強め

4F51.1 3F36.9 2F24.1 1F12.3

安田記念1着。1600mでも掛かって進む馬で、休み明け・開幕週で走り易い馬場は正直心配。1800mも守備範囲かどうか。安田記念は福永騎手がインの先手で進めて、直線でも前がガラ開きの所までエスコートする完璧な競馬だったし、あの競馬がそう何度も出来るかと言われると難しいと思う。末脚はある馬だから折り合いがつけば、と言う事じゃないかな。正直実績通りには評価していないよ。

併せたダンビュライトよりも楽な気配で登れていて残り300m付近から合図無しで速度を上げていたのも好感度◎。中距離馬とマイル馬の違いはあるだろうけど、ダンビュライトを物差しに出来るほどの馬ならば。動きは安田記念よりも良いくらいだね。

94点




ギベオン

栗東 CW やや重 水曜日  併せ 一杯

6F85.8 5F68.2 4F51.6 3F37.0 1F11.7

鳴尾記念4着。鞍上が慎重に乗りすぎて、少頭数なのにイン突きせず外に出そうとしている間に勝馬のメールドグラースに行かれ、前も捉えきれず敗退。脚はそれなりに持っているけど、この分厚いメンバー相手にそれがどこまで通用するか。折り合い面も若干だけど不安がある。

一蹴りでの進みが良かったりフォームの低伸などの動きに柔らかみと躍動の大きさがあるのは前走と変わらず好感。併せた馬が絞っていた分で最後は一頭になって何度もヤメようとしていたね。どういう意図があるのか分からないけどいずれにせよ、あのスタイルで追えばどの馬だってソラは使うだろうからあまり気にしても仕方がない。追い切りは良く見える馬。

90点

ケイアイノーテック

栗東 坂路 やや重 水曜日  単 強め

4F53.4 3F38.4 2F24.8 1F12.3

安田記念7着。インで温存がきいたとは言え、この馬としてはかなり俊敏に動けていて道中の追走が確り出来ていた。追われてからも鋭さを見せていたしああいう競馬を見せてくれていればまたいつか勝てる。今回もそういう競馬が出来るかどうかに注目だね。どうしても今までは追走が忙しくなるズブさがあって遅れ遅れの競馬になっていたから…。

前走時に感じたほどの動きはしていない。一蹴りでの進みが悪いし、追われてからも気乗りが遅く伸びれていない。今までのこの馬と言う感じだよ。瞬発力決着になりやすいレースだし、この動きではどうか。

2点

ダノンキングリー

美浦 南P 良 水曜日  併せ 馬なり

5F66.2 4F52.2 3F38.3 1F12.0

日本ダービー2着。やはり噛んで進んだけど終いを失っておらず2400mはこなせていた。直線も後方を警戒しすぎて前のロジャーバローズを抜きに掛かるのが遅れてしまった所が大きく、追い出しが早ければ十分勝ち負けになったと思えるだけの走りはしていた。噛む進み方から中距離の方が合っていると思うし、世代エースの1角として古馬一線級とどこまでやれるか楽しみ。

僚馬を馬なりで相手ともしない動きはやはりレベルの高さを感じる。時計はダービーの時より3秒以上速くしていて1800m戦らしく折り合いは大きく気にしないのかも。手前を替えない等、気勢に残す所がありそうだけど、前哨戦だから。勝ち負けはすると思うけど仕上げは余していそう。後は折り合い一つだと思う。

74点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする