アクセスランキング 【富士ステークス2019】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【富士ステークス2019】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

クリノガウディー、ジャンダルム、ショウナンライズ、ストロングタイタン、ダッシングブレイズ、トミケンキルカス

富士ステークス2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ




クリノガウディー

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F53.5 3F38.7 2F24.7 1F11.9

京成杯AH7着。タメさえ利けば終いはかなり使えるけど、大体のレースで掛かってしまい不発になる事が多い。前走もまさにそんな感じだったね。他馬を気にしている様子もあるし、フルゲートはマイナス視。

単走りでは比較的落ち着いて走れていて末伸びも出来ている。ハミを噛んで口元が白くなっていたのはこの馬としては不安。ジョッキーも少し絞って乗っていたからね。追われてからは力感があるフットワークで脚力は好感。折り合いさえつけば。半信半疑。

50点




ジャンダルム

栗東 CW 良 水曜日 併せ 強め

6F85.0 5F67.3 4F52.6 3F39.4 1F11.9

京成杯AH3着。開幕週の最内先手でロスなくだからこの上ない競馬が出来た。上手く立ち回れた分も大きく、それで前を追随しきれなかったとなると評価は上げられない。脚はそこそこ持っている馬だしタメて一気になればある程度やるかも知れないとは思う。

時計自体は毎回かなり出る馬。併走で我慢するのを嫌そうにするなど折り合い面の不安は見えね。タメが確り利いて一気に追えれば雪崩れ込めるとは思うけど、中々そうもいかないレースが続いている。追い切りだけならまず評価できる。

68点




ショウナンライズ

朱鷺S11着。多少ペースが速くなった部分はあると思うけど、直線トボトボになるのが早く実力負けと言った感じ。2走前の勝ち上がりはスローの先手で恵まれた所もあるし、重賞ではどうか。

ストロングタイタン

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F53.1 3F38.9 2F24.8 1F12.2

小倉記念13着。序盤からフカしていく競馬を試みるもペースが速くなりすぎて終い持たなかった。跳びの大きい馬だから馬群を避けて走りやすくする作戦は良かったと思う。それでも元来、差し競馬で魅せてくれる馬だし、外々回して大外差し込みの方がチャンスは巡ってくるかな、と思った。

フォーム自体は重いけど、馬格のある馬だから。掛かる気配で登って来たのは意外。これが前進気勢に繋がれば前進もありそう。ただ、その場合道中の我慢が利くかどうか。

29点

ダッシングブレイズ

栗東 CW 良 水曜日 単 一杯

6F82.6 5F66.4 4F51.5 3F38.2 1F12.4

新潟記念14着。タメにタメれば爆発力のある脚を発揮してくれる事もあったけど、最近は不発続き。馬が戦う気持ちが入って来ていないのかな。上手く運んでいるワリには全く弾けないし、今は見込まなくても良いかも。

ムチにを入れて一杯に追うも手前を替えず、ハミの取りも浅い。戦歴を重ねている分でズブくなっているのかな。良くは見えないよ。

5点

トミケンキルカス

美浦 南W 良 水曜日 併せ 強め

4F56.7 3F40.3 1F12.5

関屋記念13着。かなりの上りの競馬になるような前有利の展開だったけど、先手を上手く取れたにも関わらず直線早々にバテて後退。通用している感じは全くなかった。

異様なほど発汗しているのは真剣に気になった。ハミを噛んで口元白くしている当たりテンションが高くて体温が上がっていたのが理由で、単なる汗っかきというワケではないみたい。このテンションで御せるかな。良く見えない。

6点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする