アクセスランキング 【富士ステークス2019】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【富士ステークス2019】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

ノームコア、プロディガルサン、メイショウオワラ、レイエンダ、レッドオルガ、ロジクライ




富士ステークス2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ

ノームコア

美浦 南W 良 水曜日 単 強め

4F54.5 3F39.5 1F11.9

ヴィクトリアマイル1着。ラッキーライラックの後方につけて進めて直線も前が掃けている絶好の展開だった。ラッキーライラックが早めに動いて勝道を作ってくれた分もあるけど、まず追って一気に弾けたのは見事。流れが向いていた部分もあるから、極端に評価はできないけど強い馬だとは思う。

テンションも冷静だし、一蹴りでの進みもよくフォームにも崩れは見られない。前哨戦ではあるけどもうかなり動けている様に思うよ。併せた時にどうなったかは気になるけど、ステップとしてはまず懸念する所は無いんじゃないかな。良く見えるよ。

91点




プロディガルサン

美浦 南W 良 水曜日 併せ 馬なり

6F82.5 5F66.2 4F51.8 3F38.1 1F12.3

京成杯AH5着。毎回、確りタメを作って、毎回それなりの脚を使っている。気迫がもう一つで相手なりに走る所はいつも感じるし本気で走っている様には思えない。全力を出し切れれば重賞でもとは思うけど、このタイプの馬はそうそう変わるものではない。

追い切りは毎回走るんだけどね。追い切り程度の軽い負荷ならこなして見せてくれるけど、レースで一杯の走りを要求されると抜く、と言うタイプの馬だと思ってる。まずメンタル面の変化がない限り自力で上位に食い込むのは無いと思うよ。

47点




メイショウオワラ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

ポートアイランドステークス6着。折り合ってタメても直線弾けないし、ハミの取りも浅い。能力的にここでは通じないかも知れないな。味気ない走りになりやすい馬だし気まぐれで一気に駆ける姿も想像しにくい。

レイエンダ

美浦 南W 良 水曜日 併せ 馬なり

5F68.6 4F53.6 3F39.6 1F12.9

新潟記念10着。前走や3、4戦前がそうだけど気分良くいけないと直線追ってパッタリという所があり、今一つアテにしづらい。折り合い自体はかなりつくようになってきていて、レース振り自体は向上していると思う事もあるけど、どうにも安定した走りはしない。

68.5-53.5-39.5-13.0と狙ったラップを馬なりで刻めているのは好感。変に折り合いを欠いたりするとこういうキレイな時計にはならないからね。フォームが若干バラけているのがどうかだけど、一蹴りでの進みは感じるし、この馬としては悪く見えないよ。

73点

レッドオルガ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F54.3 3F38.5 2F24.7 1F12.4

ヴィクトリアマイル11着。最後の直線で挟まれてかなり窮屈になる所があり馬が後退。スムーズなら突き抜けた…とは言い難い手応えだったけど、まともなら掲示板は争えたと思う。

ヘッドは高いけどフットワークはまとまっているし悪くは見えない。僚馬を抜いた後に追ってから気が入っていないのはやはり緒戦だからかな。仕上げ余地はあると思うよ。

59点

ロジクライ

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F51.9 3F37.4 2F23.9 1F11.9

安田記念9着。前めつけて33.9秒と脚を使ったけど、32秒台を平然とカマしてくるライバルたちに交わされて敗北。良い走りをしていたけど、相手が強かった感じだね。層はずいぶん薄くなるし、スムーズなら上位も。

単走で淡泊な雰囲気で登り切った。時計は52.0-37.5-24.0-12.0を狙ったのが少し速くなったものだろう。無理して出した時計には見えないし、動きはG3なら水準級だと感じた。前が残るスローな展開ならば。

70点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする