アクセスランキング 【菊花賞2019】最終追い切り所見  1/3  ヴェロックス等 元馬術選手のコラム【競馬】

【菊花賞2019】最終追い切り所見  1/3  ヴェロックス等 元馬術選手のコラム【競馬】

アドマイヤジャスタ、アドマイヤスコール、ヴァンケドミンゴ、ヴェロックス、カウディーリョ、カリボール

菊花賞2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アドマイヤジャスタ

※追い切り映像は無し

京都大賞典15着。この馬らしく少し道中掛かっていて消耗は幾らか発生したのかな、と思う程度。4角で手応えが怪しくなっていたし、もう少し冷静に運べれば前進もありそうだけどジリっぽい脚でもあるし、3000mのG1となるとどうかな。




アドマイヤスコール

※追い切り映像は無し

能勢特別1着。毎回思うけど少し掛かる所があるので3000mはどうか。末脚も決してピリっとしないしG1で通用するイメージはないな。勝ち方も一杯一杯で余力がないし、この動きではどうか。




ヴァンケドミンゴ

栗東 CW  良 水曜日  併せ 強め

6F84.0 5F67.4 4F52.5  3F38.5 1F12.5

レインボーS3着。各馬推して推してのハイペースで後方にいた展開の利はあった。前が崩れたレースだったけどそれで直線前を呑み切れなかった様ではどうか。折り合いはつきすぎる位の運びをするので3000mは合っていると思う。

追い切りは僚馬に手応えで劣っており、追走しようともせずジリジリ遅れた。陣営もそれを想定していた様な隊列だったね。やはりあまり前進気勢を保って進むタイプではないのかな。マイペースなタイプでのんびり行けると思うし長丁場での前進を。

74点

ヴェロックス

栗東 CW  良 木曜日  併せ 強め

6F85.2 5F68.4 4F52.7  3F38.0 1F11.5

神戸新聞杯2着。1角進入の所で意外にも折り合いを欠きそうになる所があった。手綱を引いた時にケンカ気味になった前が浮いたんだよな。そこで引いたのが仇になったのか、終始ヘッドが上がってしまって重心の下がったストライドの広いフォームで走るには不適な形にはなっていた。道中からは確り折り合いをつけて、気の良いこの馬らしさは確認できた。負けはしたけど、能力水準は高いと思うよ。

追い切りで良く見える馬ではあるけど、レースでも良く見えるので本当に良い馬。軽いフットワークで進みの良い時計を出して来るし、引き続き気負う所は一切見られない。直線でハミを取ってグイーっと加速する気勢も好感は持てるし、僚馬を抜いてもヤメる気配はない。引き続き上々の仕上がりだと思う。楽しみ。

96点

カウディーリョ

美浦 南W  良 水曜日  単 馬なり

5F68.2 4F53.4  3F39.5 1F12.3

HTB賞1着。折り合いは毎回不安が出ており、3000mには不安がある。スタートも良くないね。早めスパートで動いて行かないとエンジンが掛かりにくい馬で、このタイプの馬で菊花賞となると好走すら厳しいと思う。まず舞台が合っていない印象で狙えないと思う。

ヘッドが高く物見がちで、これだと背中が陥没してしまうので騎手の体重を重く感じてしまうし、背中が下がっている分、後肢の踏み込みも浅くなる。テンションも高い様だしやはり折り合い不安は感じるね。良くは見えない。

4点

カリボール

栗東 CW  良 水曜日  併せ 強め

7F98.0 6F81.1 5F66.2 4F51.5  3F37.7 1F12.6

清滝特別1着。前走出遅れたけど、基本普通に出る。後方でタメが利くタイプだし3000mも大丈夫じゃないかな。末脚も切れるし能力的には通用するかもと思わせてくれる馬。ただ、少なくとも右回りだと直線大きく内に持たれるからそこが信頼しづらい。

終い強め程度の負荷で5F66.2秒を出せているしやはり能力のある馬なんだなと思う。追い切りでは右回りでもモタれないけど、本番はまた違うからここがどうか。追われてもう一回りハミを取ると尚良いと思うけど、まず好感が持てる動き。

81点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする