アクセスランキング 秋華賞・府中牝馬ステークス2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

秋華賞・府中牝馬ステークス2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

秋華賞・府中牝馬ステークス2019

2019 簡易回顧

クロノジェネシス

秋華賞1着。序盤ダノンファンタジーの真後ろを狙って位置取りに行ったけど、無暗に追随せずペースを守った位置取りをしたのが功を奏した。ペースも流れた分、いつもと違ってハミを噛む所も無かった。4角ロスなく、直線は手早く進路を確保した騎乗も見事だったと思う。

カレンブーケドール

秋華賞2着。序盤先手を狙った感じだったけど、外から被せられた所で手綱を引いて減速させた判断が上手い方向に出た。直線は先に捌いていたクロノのブロックプレーに阻まれたが狭い所を気迫で割って突き抜けてきた。ただ、勝馬より少し早くアクセルを踏んだ程度だと巻き返されただろうな。

シゲルピンクダイヤ

秋華賞3着。後方勝負で流れとしてはしめしめと言う感じだったんじゃないかな。勝負所で外狙いで回したらアドマイヤにぶつけられてやや減速した。有力馬から離れていたし、勝ち狙いならアドマイヤの内目に進路を取るのも面白かったかも。G1を勝つにはもう一工夫必要と感じた。

ダノンファンタジー

秋華賞8着。多分、ローズSで手控えたらリズムが乱れたのがマイナスイメージになって行かせざるを得なかったんじゃないかな。鞍上にペースを気にしている様子が無かった。乾ききっていない馬場であのペースで運んだら流石に苦しかったか。ある意味で気性面の脆さに泣いた一戦だったと思う。

エスポワール

秋華賞9着。後方で折り合いをつけて消耗せず行けたと思うけど、4角でサッパリ。馬場か実力か分からないけど、今回は完敗と言う形だった。追い切りでの動きも冴えていたとは感じなかったし通用していない印象が残った。 引き続きやはりゲートはモタつくね。

スカーレットカラー

府中牝馬S1着。折り合いは抜群につく馬だから終いも毎回期待できる。人気馬が弾けなかった分もあって、他の同格を抜くだけのやや流れの向いた競馬になった。末脚一杯でこの手応え・着差だとG1で本命視とまでは行かないけど、小確りした馬で引き続き安定した成績は狙えそう。

フロンテアクイーン

府中牝馬S2着。この馬も崩れにくいクチ。少し手綱を持たれたけど、ペースも緩いし多少行きやすい所はあったんだろう。ほぼ好位で馬場も考えると絶好の競馬だったと思うけど、追い出すとそこからワンパンチ足りないのはいつもの事。名わき役というか、好いた感じの馬なんだけどね。

ラッキーライラック

府中牝馬S3着。道中少し掛かって前に行ったし、折り合い不安は引き続きある。どうもハミの取りが抜けていて、フォームも頸~四肢の連動がなくなっており、追い切りで見た通り崩れた感じにはなっている。それで3着に残した辺り実力だろうけど、馬っぷりは春より悪い。立て直せるかどうかだね。

プリモシーン

府中牝馬S15着。前回に続きここでも掛かっており、折り合い不安が顕在化してきた。直線で肩ㇺチ入っても気勢が入らなかったし、行きっぷりからして相当悪かったんだと思う。3走前とは別馬という感じでメンタル的な部分に起因していそうだから、ちょっとスランプは長引くかも。

クロコスミア

府中牝馬S5着。番手をチョイスしたけど掛かってしまった。春は番手の競馬でもサマになる所を見せていたけど、休み明け分もあって気持ちが昂っていたかも。もし楽にハナに行けていれば違ったかもね。ここでガス抜きになれば次回も番手で面白いと思うし、この馬は経過注目だと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする