アクセスランキング 菊花賞2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

菊花賞2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

菊花賞2019 簡易回顧

ワールドプレミア

菊花賞1着。内枠を利して消耗を最小限に抑える、これぞ武豊の競馬と言う騎乗だった。ヴェロックスが外前のマークしやすい所にいたから安心して競馬が出来た。勝負所で他馬が動いてもインでジッとタメていたのが最後の伸びに繋がった。ハミ抜けする所がなかったけど好騎乗に助けられた頑張った。

サトノルークス

菊花賞2着。後方でタメに徹した。春先から感じていたけど、おっとりした運びの馬だし3000mの運びとしては一番上手くタメが利いていたと思う。最後は内外の周回差が出た分。人馬共にかなりやっていたし、長距離なら今後も期待。あれだけの脚を3000m級で使えるのは頼もしい。

ヴェロックス

菊花賞3着。序盤で外から15番にマクられた所でヒートアップ気味になり、最初の方から消耗を強いられた。他にも所々で他馬を意識して追いかけに行っていそうな所もあったし3000mには対応出来ていなかった。勝馬のマークしやすい位置で競馬をして安心感を与えてしまったのも仇。

メロディーレーン

菊花賞5着。インを回って仕掛けをギリギリまで待って直線の競馬を挑んだ分、着が上がった所はある。4角の位置取り自体はほぼ勝ち目のない所にはいたと思うけど、逆に脚をムダに使わなかった分、最後は勝ちに行った馬たちより脚が使えた。穴馬なりにロスを抑えて乗った結果じゃないかな。

ニシノデイジー

菊花賞9着。序盤は後方で上手くタメていたと感じたんだけど、向こう正面でヘッドが上がって運びが硬くなった。直線イン突きに賭けるも伸びなかったね。リラックスしきれなかった分かな。距離もあったと思う。それと内を突くと普段よりストライドにマゴつきが出るね。やはり大外一気のが良いかも。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする