アクセスランキング 天皇賞秋2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

天皇賞秋2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

天皇賞秋2019 簡易回顧

アーモンドアイ

天皇賞秋1着。最内で折り合って、直線も丁度良いタイミングで前が開いたし展開面についても絶好だったろう。とは言え、2発のムチで勝っていた所を見ると当然もっと渋い勝負になっても十分勝ち負けだったハズ。スタート、折り合いとも問題無かったし次も当然期待大。

ダノンプレミアム

天皇賞秋2着。道中噛んではいたけど元々この馬は幾らか噛む。その方が走っている場合も多いし良いサインかも。終始アーモンドアイを締めに行く執念の騎乗だったけど、内が開いてしまった。実力は出し切ったと思うし騎乗もエキサイティングだったと思う。スムーズならやはり強いと言う事だと思う。

アエロリット

天皇賞秋3着。内枠からスムーズに自分のカタを作ってスムーズに運べたし力は出し切ったと。4角で自分からハミを取っていくと最後まで走る所があって今回もそれが見えたから安心して見ていられた。並ばれて競るともっと良いけど、強い競馬はしていた。4角で落鉄してたかも。

ワグネリアン

天皇賞秋5着。府中2000mの外枠で後方を強いられたのは痛かった。序盤、福永騎手も前を伺っていたけど結局位置は取れなかった。このペースの分か普段よりは折り合いがついて運び自体はスムーズだった。自分のタイミングで追い出せていたし、ほぼ力は出せたと思う。上位馬の近くで競馬出来ていれば。

サートゥルナーリア

天皇賞秋6着。掛かった分か最後は止まってしまった。やはり休み明け2戦目となると掛かるのかな。折り合いさえつけば神戸新聞杯同様やれると思うんだけど、どうも続戦するとテンションが収まらなくなる。間を開けて立て直した方が良いかも。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする