アクセスランキング エリザベス女王杯2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

エリザベス女王杯2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

エリザベス女王杯2019 簡易回顧

ラッキーライラック

エリザベス女王杯1着。内枠で序盤から焚きつけるような展開にもならず折り合いに専念出来る道中だった。内でロスが無かった分もあるけど、残り250m付近で勝筋が見えるまで馬を温存したスミヨン騎手の騎乗も光った。イン突きは恐らく前日のデ杯武豊騎手の騎乗を参考にしてたのかな。今まで早めに動いて終いでタレる競馬が多かったけにやはり手替わりがプラスに出た印象。今後もタメて一気の競馬なら。

クロコスミア

エリザベス女王杯2着。序盤を争う相手もおらず、楽にハナに行けた。格上が多いと思ったしそういう中で上位を狙うなら理想的な騎乗だったと思う。序盤スローで馬がほぐれてきた後半に脚を伸ばした分、消耗を抑えてリードを作れたのかなとは思う。終い外に出したのが勝馬に有利に働いたけど、これは結果論。

ラヴズオンリーユー

エリザベス女王杯3着。序盤行く馬もいなかったし前に行く判断は結果の面でも良かったと思う。わずかに噛んだり、4角で馬場を気にした感じで行きっぷりが悪くなっていたのは気になった。それでデムーロ騎手も外にだそうとしたんっじゃないかな。2着馬に脚勢で迫っての3着だし、脚力は引き続き評価。

クロノジェネシス

エリザベス女王杯5着。スローになった分、やはり噛む所が出た。その消耗分は終いに幾らか影響したと思う。2200m、やはり長かったんじゃないかな。それかある程度ハイペースでハミ抜けしながら気分よく行けて終いも伸びるかも。本質的に2000m以下が守備範囲じゃないかな。※最後の直線でサラキアに不利を与えており、降着になってもおかしくなかった事象と感じた。

スカーレットカラー

エリザベス女王杯7着。このスローの長距離でもハミをブン投げて折り合いが付けられるのは相変わらず凄いの一言。折り合った分終いも使ったけど相手がやはり強かった印象。スローを察知して早仕掛けに打ってでた岩田騎手も見事。このメンバー相手にこれだけやれるのであれば、当然今後も期待。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする