アクセスランキング マイルチャンピオンシップ2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

マイルチャンピオンシップ2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

マイルチャンピオンシップ2019 簡易回顧



インディチャンプ

マイルCS1着。少し噛みはしたけど騎手が拳だけで御せていたし、いつも程ではなかった。内目の枠からロスなく進めたし呼吸を整えた状態で道中を回れた分で直線も弾けた。ダノンプレㇺアムに馬なりで併せていたし、そこで池添騎手も勝ちを強く意識したんじゃないかな。乗り難しいタイプなだけにピタっとした位置取りが出来たのが大きいと思う。今後も実力を出せる道中になれば当然楽しみ。

ダノンプレミアム

マイルCS2着。外から出していって若干ハミを噛んだ。ただこの馬は道中幾らか噛むくらいの方が走るから、コンディション面については良かったんだろうと思う。スタートも決まったし、絶好の競馬をしていたんじゃないかな。勝馬にあの走りをされたら完敗と言う事だろう。

ペルシアンナイト

マイルCS3着。出遅れ+追走も急かし気味とやはり一頃に比べてズブさは目立ってきていると感じる。ただ、その分逆に折り合いはつく様になったし良くも悪くも馬が以前と変わってきている。直線も追ってからは大きく反応せず、ㇺチが入ってから脚を使い始めた感じだし。今はもう少し距離が長い方が良い様に感じるね。

ダノンキングリー

マイルCS5着。出遅れから好位を取るためにガンガン出して行った分は終いに恐らく響いている。インコースで後ろにならない様に脚を犠牲にしてでも道中相応のポジションが欲しかったんだろうね。各馬のインの空け具合がかなりだったし、最後イン突きを狙ったのも裏目に出たか。結果論だけど、ハラを括って最後方も面白かったかも。出遅れが続いておりスタートは今後警戒か。

ダイアトニック

マイルCS10着。折り合いは十分ついてロスもなく回れていて、絶好の形で大外に出せたけど、追って弾けなかった。手前も替えていなかったし走る気持ちが不十分だったか。G1の厳しい流れを経験できたのは馬にとっては良い経験になったと思う。タメさえ利けば弾ける馬だし、G1で諦めず再度。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする