アクセスランキング 【ジャパンカップ2019】最終追い切り所見  2 /3 ダンビュライト、マカヒキ等 元馬術選手のコラム【競馬】

【ジャパンカップ2019】最終追い切り所見  2 /3 ダンビュライト、マカヒキ等 元馬術選手のコラム【競馬】

タイセイトレイル、ダイワキャグニー、ダンビュライト、マカヒキ、ムイトオブリガード




ジャパンカップ2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ

タイセイトレイル

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F51.9 3F38.0 2F25.1 1F12.7 

アルゼンチン共和国杯2着。インで完全にロスを抑えて運んで、直線も馬場の悪くない内から一気に追えたけど終いで苦しくなった。道中幾らか噛んだ分もあるだろうけど、ほぼ限界の競馬だったと思うし、あれ以上となるとどうか。

併せて競ってはいたけど、最後は時計が速かった分もあって抜く所が出た。能力なりと言う感じじゃないかな。G1で来ると思えるような動きではないよ。追って大きくは伸びなさそうな手応えだったし、どうか。

28点




ダイワキャグニー

美浦 南W  良 水曜日  単 馬なり

5F68.7 4F53.1  3F39.2 1F12.4

オクトーバーS1着。完璧に逃げたトリコロールブルーを制して勝利しているし、それなりに評価は出来る。このメンバーに混ざるとさすがにどうかだけど、最近はブリンカー慣れしているのかレース振りが安定していて馬群でも危険とは思わなくなった。

追い切りではハミを噛んで煩そうな気配は出しており、やはり気性面の心配は残ってはいる様子。回りを見てしまっている分、頸が動かず四肢だけになっているのは気がかり。このメンバーでどこまでやれるか。

14点




ダンビュライト

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 一杯

4F51.6 3F37.7 2F24.7 1F12.4 

京都大賞典2着。序盤誰も出していかない中、押し出されるようにハナに。ペースも落ち着いたし良い流れで運べていたと思う。最後は伸び切れなかったし決して強いとまでは感じない内容だったけど歴戦の古馬らしい落ち着いた競馬振りではあったと思う。今の府中は前が残れるし、展開がハマれば。

いつも最終は一杯で仕上げる馬でここでもそれは一緒。ただ、今までよりは後肢の入りが浅いし、僚馬に手応えで見劣るなど動きは一息。この仕上げではどうかな。良くは見えないよ。

46点

マカヒキ

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F53.3 3F37.8 2F24.7 1F12.3 

天皇賞秋10着。とにかく馬が自分から動かなくなっているのが致命的。春先は3~4角で動かないけど直線は何とか動く、と言う状況だったけど宝塚記念以降は直線も動かない。今の状況では厳しいと思うな。追い切りではかなり動くだけにフィジカルは一流なんだろうけど、走る気持ちが消えてしまっている。

追い切りではバッチリ走る馬だったけど、今はヘッドアップしてしまいバラけ気味な所が出て来ていてハミも取れていない。その証拠に肩ㇺチも入ったし。最後まで駆けていたのは評価できるけど、今までのこの馬の追い切りとしてはかなり見劣るね。

7点

ムイトオブリガード

栗東 芝 やや重 水曜日  併せ 一杯

6F80.5 5F65.5 4F50.8  3F37.6 1F12.0

アルゼンチン共和国杯1着。スロー気味で前が止まらないペースの中で先手に付けられたのは大きかったと思う。この辺は鞍上のナイス判断と言えるんじゃないかな。最後は早めに立った事で結構ソラを使ったけど、後方から鋭いのが来なかった分凌ぎ切れた。脚は持っている馬だし、貪欲に一発を狙う騎乗をすればあるいは。

一杯に見合う時計ではあったけど、追ってヘッドアップしている部分があり加速を躊躇している所はあった。気乗りは完全にはしていないんじゃないかな。この一追いで仕上がって入ればと言う事だろう。一発狙いの仕上げだし、妙味は感じる。

70点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする