アクセスランキング 【京都2歳ステークス2019】最終追い切り所見  2/2 マイラプソディ等 元馬術選手のコラム【競馬】

【京都2歳ステークス2019】最終追い切り所見  2/2 マイラプソディ等 元馬術選手のコラム【競馬】

ヒシタイザン、マイラプソディ、ミヤマザクラ、ロールオブサンダー




京都2歳ステークス2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/2 by アラシ

ヒシタイザン

栗東 CW 良 水曜日  単 強め

6F81.9 5F65.7 4F50.9  3F37.2 1F12.1

百日草特別3着。5頭立ての3着だし評価は微妙。楽なペースでハナを切っていたけど、直線物見をする気配をかなり強くだしてアッサリ抜かれての敗北。後ろから来られていく気になる所が出るなど、前に馬がいた方が直線伸びそうな気配。

追って浮き上がったり、手前がその都度変わったりと言う所はあるけど、存外、平常走行時のフォームは出来ていてフットワークに力感を感じる。ただ、肝心な「追い」の動作が入った時に浮き上がる様では厳しいとは思うよ。

38点

マイラプソディ

栗東 CW 良 水曜日  単 強め

6F79.9 5F65.0 4F51.1  3F38.2 1F12.9

野路菊S1着。ちょっと発馬の時に縮こまってしまうのでスタートはやや不安。ただ、それも気にならないくらいケタ違いの脚力を持っておりこのメンバー相手には負けられない。後肢のふり幅が非常に大きく、強烈な決め手が使えるのは心肺能力の高さに加えてフィジカルやフォームの出来によるものも大きいだろう。

後肢が勝っている馬…ってあまり見ないよね。普通前が動いて後ろがスピードについて来ないものなんだけど、この馬は逆。馬のスピードの大半は後肢で作られているからこれはこれで凄く良いんだけど、ナビゲート役の前脚がパン伸びするようになるともっと良いんじゃないかな。単走でもハミは一応取れているしそこはそこそこ。仕上げは相当余していると思うし、まだ作り込める部分がかなりある馬だと思うよ。性能に体の各パーツがついて行ってない。

69点




ミヤマザクラ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F52.4 3F38.2 2F24.3 1F12.1 

未勝利戦1着。馬群に入れると相当馬が慌ててしまうので、少頭数はプラス材料。ストレスなく運べればとは思うけど、ちょっとキョドっている所の多い馬なので多分ノーストレスでの競馬は難しいと思う。オーディエンスやターフビジョンや歓声等もこのタイプの馬だとダメだろな。

馬場が良い中とは言え、大して追わずのこの時計であれば見映えはすごく良い。僚馬に手応えで勝っていたしこの時計は馬場だけで出したものではない筈。追って気乗りする様であれば、ここでも2着に入れるかも。面白いと感じたよ。

81点

ロールオブサンダー

栗東 坂路 良 水曜日  単 一杯

4F52.5 3F38.4 2F25.1 1F12.2 

紫菊賞1着。キレイに逃げ切って勝てたけど、直線ほぼすべての馬がバテていた所を見ると正直レースレベルに疑問。4角でマイラプソディに競られるとどうかな。出走馬の中ではマイラプソディの次にやれそうな感じはあるけど、マイラプソディとのはかなり差が開いていると思う。2着候補か。

時計はさすがに堪えていたみたい。最後は追っても叩いても気乗りせず加速してくれていなかったし、この馬もそれほど良く見えないな。重賞の器ではないと思う。

33点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする