アクセスランキング ジャパンカップ2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

ジャパンカップ2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

ジャパンカップ2019 簡易回顧



スワーヴリチャード

ジャパンカップ1着。重馬場の開催最終日にレースだったけど、各馬インコースに張り付いて競馬をしており、この馬が通った場所も見た目ほど脚を減らさない馬場だったみたい。少し噛んだけど、この馬としては想定される範囲内だったと思う。最後も直線インコースの馬が良く伸びていたし、終始最短経路で回れた分はあると思う。後続が末脚殺しの馬場状態で伸びあぐねた分もあるんじゃないかな。

カレンブーケドール

ジャパンカップ2着。軽斤量53.0㎏を活かして上手く先手で立ち回ったと思う。こういう重い馬場なら軽い斤量は脚を取られにくくなる分、フルに活かせる。終い良く頑張ったけど、勝馬の決め手に屈した。最後は馬場を気にしてストライドが縮んでいたけど、総合的にみれば重馬場を上手く味方につけられたと思う。

ワグネリアン

ジャパンカップ3着。道中、1着馬と2着馬とほど近い位置で競馬をしており、好位は取れていたと言えると思う。噛んではいたけど、あれくらいならこの馬としては許容範囲。勝負所で前にいたウインテンダネスがバテてしまい上がっていけなかったのが響いた。最後は良く伸びていたし、上手く捌けてさえいればと言う感じじゃないかな。普通に期待できるよ。

マカヒキ

ジャパンカップ4着。決め打ちの直線一気で最後は馬が応えてくれた。ノリさんのポツンじゃないけど「最後だけで良いから動いてくれ」と言う騎乗だった様に思う。今は3~4角で前について行かないし直線も前進する所は見られないからごちゃごちゃ指示を出すよりは一回にポイントを絞った方が動くのかも。坂で鈍る所は見えたけど4着だし上々の結果じゃないかな。末が届く展開になっていれば面白かったハズ。

ユーキャンスマイル

ジャパンカップ5着。ロスは完璧に省いて、直線も上手く外に出せたけど直線途中でバテてしまった。相変わらず道中はハミをブン投げて折り合って運べておりやはり長距離向きだなと思った。ロングスパートタイプの馬なので脚の減りが早い重馬場では終いキツかったのかも。

レイデオロ

ジャパンカップ11着。去年の有馬記念もそうだったけど、コーナーの馬場が悪いと前を追随出来ず反応が鈍くなる所がこの馬にはある。今回は去年の有馬記念よりも格段に脚元が悪かったし馬場影響は大きかったのかなと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする