アクセスランキング 中日新聞杯2019 回顧 【元馬術選手のコラム】

中日新聞杯2019 回顧 【元馬術選手のコラム】

中日新聞杯2019 回顧



サトノガーネット

中日新聞杯1着。行きっぷりが悪く後方になったけど、これはいつもの事。坂井騎手も何度も騎乗している仲だし、そこはキチンと理解して道中後方待機→早仕掛けでエンジンをフカしていく「この馬の乗り方」が出来ていた。最近は騎手が馬のクセから深く逆算したレースをしているのを見るのが減ったから、こういう手の内に入れた騎乗での勝利は爽快だね。

いつも置かれての道中→直線で着をかなり上げるの繰り返しだから、脚は持っているんだよね。それをどうやって発揮させるのかと言う話だとこの馬の場合は思う。ただ、直線でも坂井騎手が馬のお腹をガンガン蹴って合図を送っていたし、やはり反応一息な所はあるんだろう。

直線の長い中京も合っていたし、ハンデが53㎏と軽いのも味方はしたと思う。今後もこの乗り方なら結果はついてきそう。

ラストドラフト

中日新聞杯2着。キレイにインの先団を取って折り合って運べられた。直線は中でゴチャついて少し強い当たりがあったけど闘争心を失わないのはさすがはクラシックに出走した牡馬と言った所。抜け出して右ムチを使った際に大きくインに切れ込んいきムチが使えない状況になって失速した分、最後は捉まってしまった。この辺はテン乗りのデメリットってことなのかも知れないな。

負けはしたけど、地力は上位。GⅢであればいつでもチャンスはあるんじゃないかな。次も期待。




アイスストーム

中日新聞杯3着。出遅れから道中ある程度の位置までリカバリしていて消耗したのは最後に響いたと思う。4角も大外方向を大味に回していたし、出遅れさえなければ、と言う競馬になってしまった。終い並ばれてももう一伸びを繰り出していないし、ちょっと一杯気味だったかな。

スムーズならまた違うと思うよ。普通に期待して良いと思う。

ショウナンバッハ

中日新聞杯4着。後方待機から直線一気はこの馬のスタイルで、このカタ以外でのレースはしてこない。最後の直線、スンナリ前が開くとは行かず若干追い遅れが出たのは響いたかなと思う。最後まで脚勢は力強いままだったし、少し余してしまったかも知れないね。

年齢が行ってるせいか、馬群でも躊躇なく脚を使えるのは好感。ハマれば穴馬券を演出してくれる馬。戦歴56戦だけどまだまだ頑張れそう。次も盛り上げてほしいね。

アイスバブル

中日新聞杯9着。追い切りでも僚馬に嫌な感じで遅れて入線していたし、レースもロスなく回ったけど直線追っても叩いてもまったく伸びなかった。最後もバテて止まったというよりは終始ハミを取らず走る気持ちが入ってなかったみたい。ここを叩いてピリッとしてくれば。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする