アクセスランキング 朝日杯フューチュリティステークス2019 回顧 【元馬術選手のコラム】

朝日杯フューチュリティステークス2019 回顧 【元馬術選手のコラム】

朝日杯フューチュリティステークス2019 回顧



サリオス

朝日杯FS1着。内枠から先手を打てたのは大きかったと思う。これまでのレースだと若干噛む所があったけど、G1の淀みないペースで逆にスムーズに行けて折り合いはついた感じだね。ストライドも若干大きめな馬だし走り易いのは良かったと思う。

最後の直線で、200m付近と100m付近と2回加速しており、やはりズブいのかむしろ脚を余している感じがあった。もう少し、仕上がって競走馬らしさが出てくれば更にやれるハズ。追ってすぐ動けるようになればクラシックも楽しみ。

タイセイビジョン

朝日杯FS2着。タメの競馬に徹したけど、ゲート後から控えていたし最初っからの決め打ち騎乗だったんだろう。タメさえ利けば脚は強いものを使える馬だから作戦としては十分合理的だったと思う。ただ、4角でロス気味になり脚を使わされるなど2~3着になりやすい競馬をして最後止まっていたのも事実。

道中ヘッドアップして折り合いを欠きやすい馬だけど、外を回した分か今回は折り合った。この気配なら来年もマイルの大きい所で楽しめそう。

結果論で言えばサリオスをマークする競馬をしてみるのも一考だったとは思うけど、これは本当に結果論。




グランレイ

朝日杯FS3着。出遅れから最後方待機。14番人気だったしハラを括った騎乗をしやすかったのもあるんじゃないかな。ペースも速く、前が崩れた中、直線だけで勝負を挑む競馬がハマり見事3着入線。展開にはかなり恵まれたと思う。かなりハマってのものなので、この競馬を今後再現できるかは微妙と感じた。

ペールエール

朝日杯FS16着。チークを着けていたし、今は周りを気にするのか。確かにインで怯んでいる感じだったし、前進気勢が入らず全くハミを取らなかった。キャリアの浅い馬だけど、レースを嫌がっている様に見えた。外枠で運べば前進も或いは。




レッドベルジュール

朝日杯FS10着。出遅れが痛恨だった。その後3着のグランレイの様に後方に待機して一気に追っていれば…と言うのはあくまでも結果論。人気馬だし中々そういう大胆な騎乗は出来なかったという事だろう。出遅れからかなり前に詰めに行って相当息を荒げていた様に見えたし、これでは直線伸びないのも仕方がない。スムーズな競馬で立て直しを。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする