アクセスランキング 【有馬記念2019】最終追い切り所見  2/3 シュヴァルグラン、クロコスミア等 元馬術選手のコラム【競馬】

【有馬記念2019】最終追い切り所見  2/3 シュヴァルグラン、クロコスミア等 元馬術選手のコラム【競馬】

クレッシェンドラヴ、クロコスミア、サートゥルナーリア、シュヴァルグラン、スティッフェリオ




有馬記念2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ

クレッシェンドラヴ

美浦 南W やや重 水曜日  単 一杯

5F66.6 4F52.3 3F37.9 1F12.4

福島記念1着。4角からじわーっと脚を使って、ロングスパートで押し切に来る。中山向きの馬とは言えるけど、有馬記念の豪脚揃いの中ではさすがに通用するイメージが無い。4角で置かれてしまうと思うし、不利な形勢を要求されてどこまでか。

時計を出しているが目一杯も目一杯で、やはりアーモンドアイとはスピード面で数段見劣る。重賞ならこれ位駆ければと言う内容だけど、流石にこのメンバーで見劣る。それとハミを噛んで少し掛かりそうな気配も出ていた。勝負仕上げに来ているのがどう出るか。

10点

クロコスミア

栗東 坂路 やや重 水曜日  単 馬なり

4F54.0 3F39.1 2F25.5 1F12.7

エリザベス女王杯2着。序盤を争う相手もおらず、楽にハナに行けた。格上が多いと思ったし上位を狙うなら理想的な騎乗だったと思う。序盤スローで馬がほぐれてきた後半に脚を伸ばした分、消耗を抑えてリードを作れたのかなとは思う。終い外に出したのが勝馬に有利に働いたけど、これは結果論。ここも相手は強いけど、自分の競馬で活路を。

2週続けて追って一息で、あまり元気がない様に見えたのがどうか。ラップ自体も予定より少し遅そうだし、気持ちが乗って来ていないかも知れないね。気性的にムラがある方だから、こういう時は見送りか。

22点




サートゥルナーリア

栗東 坂路 やや重 水曜日  単 強め

4F52.1 3F37.3 2F24.0 1F12.1

天皇賞秋6着。掛かった分か最後は止まってしまった。やはり休み明け2戦目となると掛かるのかな。どうも続戦するとテンションが収まらなくなる。本領は1600m近辺を見ており有馬記念は折り合いや立ち回りの上手さを要求されるコース形状から不安がある。折り合いさえつけばアーモンドアイに太刀打ち出来ると思うんだけど、そう上手く収まるか。

ほぼ馬なりに近い状態で52.0秒を出すのだから、やはり身体能力はズバ抜けている。ただ、ひた向きな所がやはり出ていて、動きはマイル~短距離馬のそれ。一週前も折り合い重視の隊列だったし、とにもかくにも折り合い次第。2500mは適正外と思う。

38点

シュヴァルグラン

栗東 CW 良 水曜日  併せ 一杯

6F83.8 5F67.6 4F52.6 3F38.3 1F12.0

ジャパンカップ9着。末脚が掻き消される、前残りの展開で後方にいたのが響いた。良馬場なら違うと思うし、前進はまだ期待できる。従来、抜群の折り合いから確実な脚を使える馬だし、タメの競馬で再度期待。ノーマークには出来ないと思う。

引き続き四肢の纏まったフットワークで力感のある感じで走れており、走りは秀逸。僚隣に馬がいてもドッシリしているし、流石に歴戦の古馬と言った所。ただ、一杯に追っている割には時計がもう一つでこの馬の良い時の動きではない様に見えるね。

42点




スティッフェリオ

栗東 坂路 やや重 水曜日  併せ 強め

4F52.5 3F38.0 2F24.6 1F12.4

天皇賞秋12着。先手から早めスパートを試みる、この馬の競馬は出来ていたと思う。さすがにペースについていけていなかった様だし、実力不足と言う負け方にはなった。東京より中山の方があうし2500mも心配は要らないけど、やはり力量比べとなると劣勢なのは否めない。

2週続けて結構攻めている。脇役で終わるつもりはないみたい。指示通りっぽいラップをキチンと刻めるのは折り合いがつく馬に特有だし、陣営も納得の仕上げなんだろう。ただ、単走で少し追っただけで52.1秒のサートゥルとは地力で見劣る。こちらの方が長距離向けではあるけど、能力本位で比べると見劣りは否めない。

62点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする