アクセスランキング 有馬記念2019 回顧 【元馬術選手のコラム】

有馬記念2019 回顧 【元馬術選手のコラム】

有馬記念2019 回顧



リスグラシュー

有馬記念1着。終始インで折り合いをつけて、4角最短経路で大外に出した鞍上のエスコートが光った。4角でアーモンドアイからマークを外して大外に進路を取った判断も見事。アーモンドが伸びていたら追い遅れで叩かれる騎乗だったけど、そうならない確信を持っての判断だったのかも。

script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>


サートゥルナーリア

有馬記念2着。折り合いをバッチリつけて温存が利いた分、本来の力を発揮できた。終始鞍上の拳が馬の肩上にあったし、この仕上げには脱帽。アーモンドをマークして4角も早めに動いた分、勝馬との差が出たけど、あれだけ大味に回してこれならやはり強い。今後も折り合いがつけば絶対楽しみ。




ワールドプレミア

有馬記念3着。前争いで自滅した馬が多かった中、最後方待機策が功を奏した形に。タメに徹してた分、大外回しでも最後まで脚を使えた。菊花賞でも思ったけど、右手前の方が速度が出る。直線入って左手前に替えた時に少し減速したフシはあった。展開に乗じた部分はあると思う。まだ半信半疑。

キセキ

有馬記念5着。出遅れ後方の分、堅実な着順になった感は否めない。勝ち狙いの前めに行けなかったのは心残りじゃないかな。どうしても反応の鈍い馬なので4角で置かれて直線でもエンジンが掛かり切っていなかった。最後ジワ伸びで終わりだったし、粘らせてあげたかったかも。

アーモンドアイ

有馬記念9着。掛かって消耗した分が響いたか。最初の直線で前にいたフィエールマンを交わして前に行ってしまった。最後の直線でもㇺチが入って内にヨレてしまったし、余力自体があまりなかったのかも。府中よりコース幅が狭い分、歓声が影響したのかも。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする