アクセスランキング 【京都金杯2019】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【京都金杯2019】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ハッピーアワー、ボンセルヴィーソ、マルターズアポジー、メイショウショウブ、モズダディー、ロジクライ




京都金杯2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ

ハッピーアワー

※追い切り映像は無し

スプリンターズS7着。かなりの確率で大きく出遅れるので後方競馬である事を前提に組み立てた方が良い。出遅れても変にリカバリせず脚を溜める競馬をすれば終いはかなり力強い。展開ありきの競馬しか出来ないだろうけど、一発狙いに活路を。

ボンセルヴィーソ 1/2

栗東 坂路 良 木曜日  単 強め

4F53.3  3F38.7 2F25.0 1F12.3

渡月橋S1着。昔から前粘りの競馬でどこまでやれるかのスタイルで、2~3番手で競馬を組み立ててくる。前回、勝ちはしたけど後ろから来る馬がいなかったから残せたと感じるのが正直な所。追ってからハミを取っていないし、この動きで重賞はどうかと感じた。

時計は手応え相応か少し遅いかなと言った所。頸が使えておらず、四肢だけの走りにはなっていてレースで受ける雰囲気とほぼ同じ走り。と言う事はあまり良化はしていないと見るべきだろう。

15点




マルターズアポジー 12/31

美浦 南W やや重   火曜日  併せ 一杯

5F66.0    4F51.0  3F37.5 1F12.1 

スワンS11着。大逃げありきの馬ではあったけど、マイル~1400mでは上手く逃げられない。番手で抜け脚を使える馬でもないし、ワザと掛からせて上手くまとめるタイプの馬で逃げが利かないのは致命的。ここも厳しいと思う。

久しぶりに目一杯で攻めてきた。逃げの手で来るときはいつも大体こんな感じでぶっ飛ばして来てるし、今回は逃げるかも。それでこそ光る馬だと思うし、自分のスタイルで前進を。

30点

メイショウショウブ 1/2

※キャンター調整

阪神カップ3着。絶好のスタートから2番手につけ、ペースが緩いのを味方につけて直線で後続を待てるなど最高の競馬をしていた。展開がハマった感はあるけど、もう一度この競馬が出来れば見せ場はありそう。久しぶりに光るレースをしただけに同じ作戦で来ると思う。

調教はキャンター調整。至って普通というか、行きたがるでもなく、進まないでもなく仕上がっている馬らしく鞍上が拳ピタでも等速ペースっぽくのぼっていた。悪くはないとは思う。

中の中




モズダディー 1/2

※キャンター調整

元町S1着。毎回2~3番手は取れるので自分の位置が確立している分、作戦は組みやすいかも。ただ、そこから抜け出して頑張らせる形も前走を始め後方に来られると苦しい所があって、重賞で通用するイメージまでは沸かない。勝ちっぷりに余力はないし、これ以上はどうか。

中山金杯のノーブルマーズと同様に頭と体を右に向けて、気勢の上昇を防ぐスタイルでのキャンター調整。前を向かせると気乗りしすぎるんだろう。これがダメと言う事は決していないし、マイルのレースならなおの事問題ない。普通じゃないかな。

中の中

ロジクライ

※追い切り映像は無し

阪神カップ10着。逃げを封じて馬群待機を選択。道中思ったよりはスムーズに運べていた様に見えたけど、4角で手応えが途絶えて直線はもう脚勢なし。気性的に難しい馬で走る気にならないとアッサリ凡走してしまう。信頼しづらく、ここはどうか。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする