アクセスランキング 中山金杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山金杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山金杯2020 回顧



トリオンフ

中山金杯1着。前め3~4番手で馬の後ろに入れる事無く折り合いがついて運べていた。コース取りは4角までスムーズだったし、体が大きくて跳びが大きい(ハズ)馬で窮屈な位置にいなかったのも良かったのかも。直線はさすがにㇺチを連打されないとエンジンが掛からない様子ではあったから、今後も直線入った時には前が捌けている展開に持って行ければ。馬群を捌いて残り200mから一気にピュンっというイメージではないな。




ウインイクシード

中山金杯2着。この馬の位置取りというか、それなりに速いテンから無理なく先手を取って勝馬の後ろで折り合って運べた。4角で既に進路は確保出来ていたし、前残りの展開も相まってほぼ最高の競馬が出来ていたと思う。斤量差3㎏の勝馬を捉えれなかったのは実力分だろうね。

クレッシェンドラヴ

中山金杯7着。序盤大きく下げたのが結果的に裏目に出た。4角で外からじわーっと加速して押し切る競馬で結果を出しているから、最内の枠から外めを狙うために決め打ちで下げたんだろう。最後は前残りの流れから一頭後方から一気に来ているし、力は示した。作戦の裏目りがありきなので評価は全く下げなくて良い。次も期待。鋭い脚を見せてくれたのも収穫じゃないかな。

ザダル

中山金杯8着。手前を替えずに坂で止まった。外枠からロスを強いられたし、ペースの兼ね合いからか各馬早仕掛けになってしまい3~4角で外から脚を使わされて遠心力で大きく外に振られるなど恵まれなかった部分はある。スムーズならもう少しやれただろうし、少し割り増せるかもしれないな。

ギベオン

中山金杯10着。勝馬に近い位置にムリなくつけていたし、展開は悪くなかったはず。道中少し噛んだけど、極度に消耗するほどにも見えなかった。4角でペースが上がって外に振られそうになったところでフォーリー騎手に一気に内に引っ張られてバランスを失っていた様にも見えたけど…。直線も右に左にガッチガチの手綱さばきで、小回りの中山に鞍上が対応しきれていないのかな、と感じた。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする