アクセスランキング 京都金杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都金杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都金杯2020 回顧



サウンドキアラ

京都金杯1着。内枠でスムーズに先手が取れた。この馬らしい競馬で立ち回りの上手さはやはり終いの伸びに繋がっている。上手に動ける分、直線はいつも自分のタイミングで追い出せる位置にはいるし、競馬上手で信頼しやすい。勝ちはしたけど、斤量53.0㎏だった事を考えると次回相手が強くなると一考は必要かも。それと、直線、鞍上はもう少し後続を待っていればもっと楽に勝っていたかも。抜け出してソラを使わなかったのは馬が偉い。




ダイアトニック

京都金杯2着。最内を手綱ブランブランの状態で完璧に折り合って運べた。直線もスムーズに外にエスコート出来たし、騎乗は完璧だったと思う。斤量が4キロ軽い勝馬に追いすがった分最後は止まっていたけど、五分の条件なら当然もっとやれただろう。頑張らせると手前を右に戻して伸びようとするので、ここ2戦の様子から左周りの方が終いが活きると感じた。

ソーグリッタリング

京都金杯4着。ゲートで完璧に駐立していたから、生で見ていて「これは出る」と思ったね。実際上手く先手を取れはしたけど、それでも道中下げて行き、4角も前に人気薄がいた関係か外に出すなどして直線でちょっと後ろになってしまった。使える脚が短い上にキレ味が無い所があるので、ちょっとここが上手く行かなかったのかなと思う。前で接戦に持ち込まないと活きない馬だと思ってる。

カテドラル

京都金杯17着。後方待機で不発だった。4角でガーっと行く気配も出していたし、馬の気持ちと鞍上の作戦がシンクロしていなかったのかなと思った。直線も意外に窮屈そうな所だったし、かみ合わなかった印象。最後方から一気の馬だし、ハマらないとこんな感じかも。序盤で挟まれて掛かっていたね。これでは確かに終いは伸びない。

ボンセルヴィーソ

京都金杯3着。前め2~3番手につけるこの馬の競馬。スタートは毎回良いからいつもこの位置は取れるね。終い粘りが聞かずどうしても残し切れないのもいつもの事。でも14番人気を考えたら良く走っているよね。自分の競馬を続けるってのは大事だと言う事じゃないかな。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする