アクセスランキング 【AJCC2020】追い切り所見  1/2   元馬術選手のコラム【競馬】

【AJCC2020】追い切り所見  1/2   元馬術選手のコラム【競馬】

ウラヌスチャーム、クロスケ、グローブシアター、ゴーフォザサミット、サトノクロニクル、スティッフェリオ、ステイフーリッシュ




AJCC2020の追い切りについて所見を述べていきます 1/2 by アラシ

ウラヌスチャーム

美浦 南W 良   水曜日  併せ 一杯

5F65.9 4F51.5  3F38.1 1F12.6

エリザベス女王杯11着。ゲート内の駐立が悪い方で出遅れ気味になる。末脚は持っている馬で、前潰れのレースになれば面白い。前走は33秒台を出す馬が続出する上り競馬で後方になり出番なしの11着なので度外視で良い。

5F66秒でも抑える追い切りだった。当然追えばもっと時計は出ただろうし、動き・気配ともに悪いとは感じない。折り合いはつく馬との認識だけど、少し噛んでいたしテンションが高いのかも。久しぶりの分で掛かる可能性は考慮必要。

68点

クロスケ

美浦 南W 良   水曜日  単 強め

5F66.4 4F52.0  3F38.4 1F12.6

ベテルギウスS15着。折り合いが難しい馬で、挑戦者の位置付けのレースとは言え、インには入れにくいと思う。外々回した方が安定するとは思うけど、それでは中々上位は…とレースプランが難しい。折り合えばそれなりに脚は使うし全くの無視とまでは行かないと思う。

追い切りは右だけチークを着けて他馬のいない時間に単走。やはり他馬なり周囲なりを気にする様だね。ただ、終い自分から伸びて時計もそこそこだし、素の能力自体は低く無さそう。

51点




グローブシアター

栗東 CW 良   木曜日  併せ 一杯

6F85.2 5F68.9 4F53.7  3F39.3 1F12.0

ダイヤモンドS6着。長距離でも前に馬を置かずに折り合えるのは流石。ただ、それが2200mで長所となるかどうか。前走は坂で失速して距離負けっぽい所もあったから短縮が良い方に出る可能性も無くはないけど、今度は逆に短すぎる気がする。

5F69秒で終いはほぼ目一杯。追ってからの加速に時間はかかるので、やはり長距離向けと言う感触は持つ。もう一気配、動きにキレが無いとちょっとキレ負けが出るんじゃないかな。早めに動かす競馬の方がチャンスを作れるかも。

30点

ゴーフォザサミット

美浦 南W 良   水曜日  併せ 馬なり

5F71.5 4F56.8  3F42.3 1F12.2

チャレンジカップ5着。今までは手応え良く回っても終いで手を抜いて惨敗と言うケースが多かったけど、ここ2戦は直線で頑張っており上昇基調と感じる。狭い所に突っ込んでの5着だし、スムーズならもっとやれたハズ。能力そのものは高いから気持ちが戻っていれば怖い。

僚馬に一旦抜かせて折り合いを試す形式。掛かる馬と言う印象はないけど、最近はテンションが高いのかな。今まで追い切りで走っているのに、レースでヤメている所が目立ったし、走る気持ちがこういう形でも戻って来ているのは近走の健闘もあいまってプラスにでるかも知れない。

75点




サトノクロニクル

栗東 坂路 良 木曜日  併せ 強め

4F52.4 3F38.4 2F24.6 1F12.1

2018年の小倉記念2着。先行押し切りタイプの馬ではあったけど、かなり間隔が開いているし、当然同じ馬と思わない方が良い。先手から抜け脚そこそこの馬だったけど、今はどうか。これだけ間隔を開ければ折り合いはつくと思う。

少し息が粗くて、重賞馬の貫禄は戻り切っていない感じはする。絶好の馬場だったしもう少し楽に登ってこれた方が安心できるな。レースでは十分使える状態だろうけど、復調途上と言う印象は残った。

68点

スティッフェリオ

栗東 坂路 良 木曜日  併せ 強め

4F52.4 3F38.3 2F25.1 1F12.9

有馬記念13着。テンが利く馬で良い位置を取れる上に、折り合いも付く。後方が来る前に動いて押し切る競馬を得意としており、中山向きの馬。ピュンっと行かない分、早仕掛けにはなるけどそれが他馬を出し抜く事に繋がればここもチャンス。

終いはは止まったけど、この時計だし気にはしない。シンドいなりに競って伸びようとしていたし、状態はまずまず良さそう。前進気勢が高そう。

70点

ステイフーリッシュ

栗東 坂路 良 木曜日  併せ 強め

4F52.1 3F38.7 2F25.5 1F12.9

チャレンジカップ10着。スティッフェリオと同じく、先手から早仕掛けの押し切りを狙ってくる。テンで出しても折り合いがつくし、スパートも長く聞く。ピュンっと行かない分、早仕掛けにはなるけどそれが他馬を出し抜く事に繋がればここもチャンス。というのはスティッフェリオと一緒だね。

終い止まって競りにも行かなかった。まぁ、52.0秒と走らせているからね…。それにしても余力もう一息という感じだったし、気配はもう少し残して欲しかったと思うけど。。。今一つにに見えた。元々、走る気を出す馬でないけどね。

65点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする