アクセスランキング 京成杯・日経新春杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京成杯・日経新春杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京成杯・日経新春杯2020 回顧




クリスタルブラック

京成杯1着。最後方待機でも馬が慌ててしまうなど、とにかく運びが悪い。それでも終いで一等良い脚を使える馬で、地力は相当と感じる。これ以上馬っぷりは悪くならないと思うので、上積み上昇に期待は出来る。クラシックでも戦いに華を添える力は持っていると思う。




スカイグルーヴ

京成杯2着。外枠から相当ロスを被って入っても4角で楽な手応えを見せる等、力は示している。最後は直線でソラを使った所で勝ち馬の決め手に屈した。2戦目で併走でも問題ない所を見せるなど、レース振りは向上している。牝馬クラシックで期待できる力はあると思う。

モズペッロ

日経新春杯1着。その前走は脚勢で勝っての4着入線で見どころはあった。折り合える馬だし、52㎏の斤量でロスなく乗れたのは大きかったと思う。直線も素早く外に出すなど池添騎手が上手く乗った。ここを勝ったくらいでG1級とは言えないと思うけど、どうか。

レッドジェニアル

日経新春杯7着。後方待機が裏目に出て前残りで届かなかった。脚質・気性的に前に出して行けないから仕方が無かった所がある。追い切りも序盤抑えて終い伸ばすスタイルだったし、ペースが速くならないとどうしてもそれまでになり易い。脚は持っている馬だし、流れに乗る競馬なら今後も期待できると思う。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする