アクセスランキング きさらぎ賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

きさらぎ賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

きさらぎ賞2020 回顧




コルテジア

きさらぎ賞1着。前半1000mが1分02秒と言うスローで前に行っていたのは大きかった。直線は全馬伸びているし、まさによーいドンの競馬と言う感じだったから…。多頭数になった時にこういう競馬には中々ならないから評価は前進させられないけど、毎回この馬なりに小確り走るし少しでも存在感を。




ストーンリッジ

きさらぎ賞2着。2戦続けて掛かる所が出ていた。多頭数でもまれる様になると心配だね。逃げたギベルティに連られて前に行く感じがあり、道中で我慢は利かなそう。それでも終いある程度使えるだけにハマれば強いという位置づけになるか。終い、内にモタれて追えなくなった分が最後は響いた。距離は断然、短縮すべきと思う。

アルジャンナ

きさらぎ賞3着。残り800mで上位2頭が早めに動いた際に、ついて行かずに構えてしまったのが裏目に出た。結果論だけど、上り決着だったし早めに動いていくべきだったね。将来を見据えて乗った分もあっただろうし、あそこで待っても捉えられる信頼もあったのかも。いきなりは動かない馬だし、少し距離は欲しいかも。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする