アクセスランキング 東京新聞杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

東京新聞杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

東京新聞杯2020 回顧




プリモシーン

東京新聞杯1着。やはり今は少し掛かる。道中、今までよりは軽いとは言え、幾らか噛んでいてこのテンションで不発にならないか気にしながら見ていた。追ってスムーズに弾けていたし、最後に左手前も出して最後の一伸びを繰り出していたし、馬に走る気持ちは戻っていた。今後復調していくかどうかだね。テンションは以前より少し高いよ。




シャドウディーヴァ

東京新聞杯2着。後方に下げて位置取り不利な所にいたけど、道中~4角でインを選択すると、直線では前がガラ開きになるラッキーがあった。最短経路の競馬が出来ており、直線も馬場の良い内を一気に追えた。勝馬との差は最後に左手前を使えなかった分だろう。展開恩恵がかなりあったし評価はそのまま。

レッドヴェイロン

東京新聞杯9着。直線でヴァンドギャルドがライン上に張り出してきてしまい、進路を失った兼ね合いがあった。そこで追えなくなって着を下げていた部分はあるし、評価は極端には下がらない。ただ道中スムーズだし、直線追われてからの弾けももう一つで強い所は見られなかった。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする