アクセスランキング 【京都記念2020】最終追い切り所見 2/2 元馬術選手のコラム【競馬】

【京都記念2020】最終追い切り所見 2/2 元馬術選手のコラム【競馬】

ステイフーリッシュ、ドレッドノータス、ノーブルマーズ、ミライヘノツバサ、プリングオブぺスカ




京都記念2020の追い切りについて所見を述べていきます 2/2 by アラシ

ステイフーリッシュ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F52.7 3F38.3 2F25.0 1F12.6

AJCC2着。先手から折り合ってスパートに持ち込めるこの馬の競馬が出来た。100点満点のレースだったと思う。200m手前までㇺチを温存出来たし、道中もほぼロスが無かった。これで交わされたのであれば実力負けでしょう。今後もスマートで重賞上位の競馬は出来ると思う。器用だけど、もうワンパンチが無いのは引き続きだね。

52.7秒でも終いシンドさを見せないのは流石。AJCCを使った事で気が高まって来たのか、併せて普段より伸びれているなど良く見える。毎回安定して走る馬だし、この気配でも多分折り合いはつく。状態はこの馬としてはかなり良い様に感じた。

90点

ドレッドノータス

栗東 CW 良   水曜日  併せ 一杯

6F86.3 5F69.4 4F54.1  3F39.9 1F12.2

天皇賞秋16着。序盤から果敢にポジションを取りに行くも手綱を持った所で掛かった。去勢されている事からも分かる通り、元々かなり気難しい馬。この1、2年でだいぶ落ち着きは見せて来ているけどそれでも不安定なのは変わりない。気分良く運べれば粘れる馬だし、展開次第、折り合い次第。

折り合いは欠きまくっているし、併走しても僚馬を気にするだけで一切競っていない。時計も遅すぎる位だし、評価のしどころがない。少頭数で先手の競馬をして早仕掛けでどこまで持つか。頭数的にはこの馬のレースしやすいハズ。

30点




ノーブルマーズ ※回避の見込み

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F52.8 3F38.4 2F25.3 1F12.8

中山金杯4着。内枠から好位でロスの無い競馬が出来た。元々先手だけは取れる馬だから4角は毎回比較的良い位置にいる。これまでは直線でヤメる感じになって伸びあぐねていたけど、前回は4角でハミをかなり取れていた。追い切りで掛かるくらいの気配だったし、あれくらいのテンションで丁度良いのかも。

短距離馬っぽい終始がっついた伸び方をするようになったけど、今は逆にこのテンションが良いんじゃないかと思う。前回は掛かった感じで追い切ってレースでちゃんとハミを取ったし、前回と同系統の動きで評価。出てくればチャンスはあるかも。

78点




ミライヘノツバサ ※回避の見込み

※追い切り映像は無し

白富士S8着。馬が走っていない。ズブい馬ではあったけど年齢もだいぶ来たし、レースで気合を出すテンションではなくなっている。このメンバーではまず厳しいと思うよ。恐らく奨励金狙いじゃないかと勘繰る。

プリングオブぺスカ

栗東 CW 良   水曜日  併せ 馬なり

5F75.0 4F58.1  3F42.0 1F13.4

日経新春杯5着。外枠で出負け気味になってしまった。そこから位置取りを巻き返して脚を使った上に、終始外回り、勝所も早仕掛けと踏んだり蹴ったりなレースになった割にはシンドそうにしてからも頑張っていた。前で粘らせればこのメンバーならもしかすれば。

時計が時計なので評価が難しいけど、ケンカする気配もなくスムーズに運べていたのは好感。前進気勢も感じるし、仕上がってると考えて良いと思う。精神的にもどっしりしていそうで、力は出して来そう。

70点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする