アクセスランキング 共同通信杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

共同通信杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

共同通信杯2020回顧




ダーリントンホール

共同通信杯1着。序盤ポジション取りに行ったのは失敗で掛かる所だけが出て結局、中団での競馬になった。その後、良い方向に出たとは言え勝負所で再度位置を上げるなど、チグハグ気味な競馬にはなった。

これまでの競馬でもハミをかなり噛む所もあるし折り合い不安はある。2000mは守備範囲から外れると思う。スローのレースで体力のゴマカシが利いた分、終いまで伸びたけど、あの行きっぷりを見る限りもう少し距離は縮めた方が良い気がするな。




ビターエンダー

共同通信杯2着。スローで逃げの手に出られたのは大きいと思う。前走の京成杯でこそ出遅れはしたけど、基本五分に出れる馬だしこれが本領と言う所だろう。折り合いも問題なかったし、距離は伸びても問題なし。直線は勝馬の後にㇺチを使う、手応えで制しての終いだったけど、最後勝馬に張り出された分で失速して相手にハナ差出られた。ま、制裁にはならんだろうけど、不運はあったかも知れないよ。

フィリオアレグロ

共同通信杯3着。上々の競馬をしていたとは思う。先手を取れて、ハミこそ噛んだけどペースを考えれば他の馬も噛んでいたしご愛嬌だろう。結果的に道中下げなければ、と言う感じだね。勝馬はどんどんポジションを上げて結果を出しているから…。相変わらず追い脚は手前が安定しない。もう少し成長出来ると思う。

マイラプソディ

共同通信杯4着。折り合いに徹して後方に居続けたのが響いた。ただ、先を見据えたい馬だし余計な所で動かしたくなかったのは理解できる。直線だけの競馬を試みたけど、前が止まらずそれまで。今日の府中は33秒台を出した馬が一頭もいない末脚殺しの馬場だったし、スローも相まって苦戦を強いられた。

蹴りの強い馬だし、馬場が脆いと他馬より脚がハマりやすいとかあるのかな。負けはしたけど、スローの後方+馬場で末脚が消されてのものだし、大きくは悲観しなくて良いと思う。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする