アクセスランキング 京都記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都記念2020回顧




クロノジェネシス

京都記念1着。折り合いは欠いていたハズだけど、それでも終い良く伸びた。強い内容だったね。序盤から手綱を控え気味でそーっと出た事からも分かる通り、やはり折り合いについては不安がある。道中も少しずつ前に行っていたからね。引き続きこちらの考えは変わらず2200mは少し長いと思うんだよな。ゲート内の駐立も引き続き悪い。

いずれにせよ、折り合いを欠き気味に進んで終いあれだけ伸びるのなら大したもの。今後も牝馬戦線の上位で楽しめそう。




カレンブーケドール

京都記念2着。馬場の悪いインを捨てるために内枠から外に出す際、後方に控えるハメになったのは響いたと思う。今まであまり末脚がある所を見せていないし、末脚勝負でいきなりとは行かないだろう。前めで粘らせられればもっとやれたのかなと思う。先手を奪えないと持ち味が出ないと思う。

ステイフーリッシュ

京都記念3着。いつも通りの競馬でダッシュ良くスムーズに先手を取って、折り合いも維持しながら絶好の4角。ここから追い脚がワンパンチ足りないのもいつもの事でお決まりの3着。良くも悪くも今まで通りだね。今後も変わり身のあるタイプではなさそう。

ノーブルマーズ

京都記念4着。3角でハミががっちり掛かる様になっており、復調していると感じる。以前はここで推しても進んでいなかったからね。本来3角から徐々にハミを取って上がっていくのが良いけど、贅沢も言ってられないだろう。最近は力を出せているし、今後も注目。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする