アクセスランキング 【フェブラリーステークス2020】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【フェブラリーステークス2020】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

タイムフライヤー、ダノンフェイス、デルマルーヴル、ドリームキラリ、ノンコノユメ、ブルドッグボス




フェブラリーS2020の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ

タイムフライヤー

栗東 P 良   水曜日  併せ 強め

6F75.3 5F61.5 4F48.6 3F36.6 1F12.0

チャンピオンズカップ8着。内枠で直線詰まった。最後に前が開いてからは結構伸びていたし、一発狙いならG1でも圏内のチャンスはありそう。ダートでは折り合いがついており、無視は出来ない。一本気な所があり鉄砲でも普通に走れるタイプだと思う。

ハミの取りが浅いし、実際追われてからも手前が替わっていない。実戦向けの気配とは感じないな。大人しくなっていそうなのは良いかも知れないけど、これでは上手く温存しても直線で走るかどうか。微妙だね。

14点

ダノンフェイス

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F53.1 3F38.7 2F24.7 1F12.1

根岸S4着。実力はほぼ最大限に発揮したと思う。外々を回る競馬だったけど、鈍重な気配の馬だしインからキレイに抜けて来れる馬ではない。外から仕掛けながら上がる競馬が合っている。直線力尽きた感じだけど、あそこまでが実力だと感じた。

前走とその追い切りで感じた「重み」は感じないし、むしろ末で動いておりパワーとキレの両面が揃っていた。言ってもズブい馬ではあるから終いはこれくらい攻めてG1では丁度良いだろう。後の事はあまり考えていない仕上げ方に見えた。それで良いよね。

84点




ドリームキラリ

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F53.8 3F39.3 2F26.0 1F13.0

根岸S14着。序盤から果敢に逃げてどこまでの馬。最近はブリンカー着用だしその傾向も顕著。序盤スムーズに先手が取れたレースは終いでそこそこ粘れており、序盤次第。前走みたいに逃げ合いになるとかなり厳しいだろうね。

時計はある程度だそうとしていた様に見えたけど、伸びなかったのかな。結構追いが入っていたし1F13.0を企図した調教ではないと思う。時計が単に遅いだけだと思うし、ここでこの動きではさすがにどうか。

2点

デルマルーヴル

美浦 南P 良   水曜日  併せ 馬なり

5F63.8 4F49.3 3F36.6 1F12.3

川崎記念3着。ほぼ全体通じてロスのある競馬をしていた。勝負所は余力一杯という感じで少し力量足らずの3着に見えた。スタートが良く、好位が取れるのが強み。インでロスなく運べれば或いは。

手前を替えていないのは気になった。掛かりそうな感じも出てしまっていたし、追って伸びそうな手応えには感じなかった。もうちょっと気配が向上してこないと推せないな。

12点




ノンコノユメ

小林 ダート 重   火曜日  単 一杯

6F79.2 5F63.2 4F48.5 3F35.8 1F11.2

東京大賞典2着。中央時代の出遅れクセは解消された様子で、ある程度前で競馬が出来る様になっている。相変わらず道中は結構追うしズブいのは変わらないけど、地方でぞんざいな競馬で手を抜けなくなった分か、しばき倒される騎乗で馬が走っている。この走りで地方の騎手が騎乗するなら面白いかも知れないな。

ガシガシのって来た。時計は出しているし、上手く動かせている様に見えたね。とにかくエンジンさえ掛かれば終いは確実な馬だし、地方でのキャリアが良い方向に来ていると信じたい。向こう正面や、スタート後にㇺチを入れてしまっても良い位だと思う。

76点

ブルドックボス

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 一杯

4F51.0 3F37.0 2F24.2 1F12.2

浦和のゴールドカップ1着。後方から鋭く差して力が抜けている所を見せたけど、メンバーレベルの比較がかなり難しい。一般的に浦和の非重賞でハナ差差し切り勝ちした馬がG1でどうか、と考えるしかないかも知れないな。

サンライズノヴァやインティが馬なりかやや強めで出すタイムをメイチのメイチでしか出せないんだから、単純に見劣る。条件戦でもどうかと言う動きで、ここはまず厳しいと思う。ヘッドが上がっているのも良くないね

10点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする