アクセスランキング 京都牝馬ステークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都牝馬ステークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都牝馬S2020回顧




サウンドキアラ

京都牝馬S1着。相変わらず先手をアッサリ取れて折り合える優等生の競馬。馬場も悪いのにh序盤これだけ少ない指示で動けるのは今後も武器になる。1番人気の競馬で堅実にロスを作りながら回っても、前が粘れる展開の中一頭だけ後方から来て、最後流しての勝利ならかなり強い。これはVマイルでも注目だね。




プールヴィル

京都牝馬S2着。あの競馬で負けたんなら仕方がないだろう。インの前めに付けて、展開も前有利にバッチリ向いた。直線は岩田騎手らしく早めから畳みかける騎乗だったけど、メイショウショウブが上手く競り台になってくれて馬も伸びていた。100%に近い競馬が出来たんじゃないかな。

ビーチサンバ

京都牝馬S5着。出遅れて最後方が致命的となった。たまに出遅れる馬だけど、ローズS、秋華賞と好位に行けていたのでスタートの評価はまだ下げられない。前有利で直線後方から鋭く伸びて最速上りだし、内容自体はあった。巻き返しの利く内容で、次走も期待できる。

シゲルピンクダイヤ

京都牝馬S7着。スタートは改善しており、もう早々出遅れない馬と判断を改めて良いと思う。道中、脚を使って前に行く競馬を2戦続けており指示というか、予め決めていた作戦っぽい。タメて一気の馬だと個人的に思っているし、道中は温存に徹するべきと感じる。馬場が悪く、進みに影響していた様に見えた。

ドナウデルタ

京都牝馬13着。前有利の競馬になった中で、出遅れてしまったのが痛かった。その後馬群の中に入れたらかなり掛かってしまった。4角も外だったし、直線も進路を見つけるのにかなり手間取った。良い所の全くないチグハグな競馬だったし、逆転はあり得る内容。ただ、もう少し気持ちが落ち着いてくると良いね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする