アクセスランキング 【中山記念2020】最終追い切り所見  2/2 元馬術選手のコラム【競馬】

【中山記念2020】最終追い切り所見  2/2 元馬術選手のコラム【競馬】

ダノンキングリー、ペルシアンナイト、マルターズアポジー、ラッキーライラック




中山記念2020の追い切りについて所見を述べていきます 2/2 by アラシ

ダノンキングリー

美浦 南W  重 水曜日  単 馬なり

4F53.1  3F37.5 1F12.2

マイルCS5着。出遅れから好位を取るためにガンガン出して行った分は終いに恐らく響いている。インコースで後ろにならない様に脚を犠牲にしてでも道中相応のポジションが欲しかったんだと思う。各馬のインの空け具合がかなりだったし、最後イン突きを狙ったのも裏目に出たか。結果論、ハラを括って最後方も面白かったかも。出遅れが続いておりスタートは今後警戒か。

内を回った分で時計は速くなっている点に注意。ストライドを拡げにくいインを走らせて折り合いをつけていた様に見えたけど、どうか。走って猛然としている所はでたし、脚力は感じる。後はこの距離がどうか。折り合いさえつけば脅威。

78点

ペルシアンナイト

栗東 CW  やや重 水曜日  併せ 強め

6F84.5 5F66.8 4F52.1  3F38.5 1F11.7

香港マイル5着。日本での直近走はマイルCS3着。マイルCS3着。出遅れ+追走も急かし気味とやはり一頃に比べてズブさは目立ってきていると感じる。ただ、その分逆に折り合いはつく様になったし良くも悪くも馬が以前と変わってきている。直線も追ってからは大きく反応せず、ㇺチが入ってから脚を使い始めた感じだし。今はもう少し距離が長い方が良い様に感じるね。

以前より更にユッタリしている気配が出てきた。この馬の場合、これが良いかも知れないね。併せて競って自分からスピードをあげる事も今まで無かった事だし、実際その後少し追うだけで11.7秒とかなり掛けている。時計・雰囲気とも申し分ないね。ここに来て一皮むけるかも?

91点




マルターズアポジー

美浦 南B  重 水曜日  単 馬なり

4F55.4  3F40.3 1F12.8

京都金杯14着。前走は久しぶりに気持ちの良い逃げを打ってきた。一撃を狙うならこの競馬をする方が、この馬には合っている。中山記念は距離・コースともに適鞍だと思う。G1馬勢はここで勝ちには来ないと思うし、折り合いを測りながら自分のタイミングで仕掛けてくるハズ。ペースを落として息を持たせればワンチャンあり得ると思う。

追うでも引くでもなく、プレーンな馬なりの追切りだった。この馬にしては珍しいね。いつもならぶっ飛ばしの一杯追いか、折り合いをつけて控えめに走らせるかの二択なのに。ある程度出たなりで好位に行くつもりなのかな。だとしたら勝利はないと感じるけど…。

20点

ラッキーライラック

栗東 CW  やや重 水曜日  併せ 強め

6F81.7 5F66.4 4F51.6  3F37.7 1F12.3

香港ヴァーズ2着。日本での直近走はエリザベス女王杯1着。内枠で序盤から焚きつけるような展開にもならず折り合いに専念出来る道中だった。内でロスが無かった分もあるけど、残り250m付近で勝筋が見えるまで馬を温存したスミヨン騎手の騎乗も光った。今まで早めに動いて終いでタレる競馬が多かったけにやはり手替わりがプラスに出た印象。ここもタメて一気の競馬なら。

時計は文句なしに速い。66.4-12.3秒を持ったままで出せるなら絶好の動きだし、1800m戦としても理想的だろう。掛かる気配はそこまで感じなかったし、休み明けから力を出せそう。今回も一気に追えるデムーロ騎手だし、期待は大きい。かなり良く見えるよ。

97点










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする