アクセスランキング 阪急杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪急杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪急杯2020回顧




ベストアクター

阪急杯1着。浜中騎手の騎乗も見事だったし、追って応えた馬も見事だった。中団に待機を選択したけど、結構前が開いていて作戦を組み立てやすい位置取りになった。4角は外勢がワッと行く中、インでタメに徹して最短のコース取り。人馬一体の最高の競馬をしていたと思うよ。最後2着馬を捉えたのはこの馬の脚力だね。




フィアーノロマーノ

阪急杯2着(3着から繰り上がり)。身を引いた所でゲートが開いてしまい、珍しく出負け気味になった。そこからでも短距離で好位をとれる器用さはこの馬の強み。インから直線抜けてこようとしたけど、先に進路に入っていたにも関わらずダイアトニック北村騎手の故意性のある斜行を受けて失速。あれがなくて一杯に追えていればどうなったかな。

ダイアトニック

阪急杯3着(2着から繰り下がり)。さすがに内枠からだと難なく先手を取れる。4角で外を意識した位置取りをしたけど、無理と判断すると既にフィアーノロマーノが確保していた進路に強引に割って入って恐らく故意に妨害。そこから追って抜けて来たけど、この馬はスパートをかけると手前を右に戻す所があり、最後が逆に甘くなってしまう。左回りの方が面白いと思うけどな。手前を替えずに走っていれば突き抜けていてもおかしくはないと思う。

引き続き右回りは最後の浅さを警戒した方が良いと思う。これで3戦連続。

スマートオーディン

阪急杯4着。大外枠を味方につけ、極力掛からない雰囲気で運べた。これでもどんどん前に行きたがっていた位だし、やはり馬群に入りそうな枠は敬遠したくなる。4角大外ブン回しだったけど、器用に回れる馬ではないのでこれで良い。前が崩れなかった分で4着までだったけど、この馬の走りは出来た。今後も一発には期待できる所を示したね。G1 もノーチャンスではないと思う。

ステルヴィオ

阪急杯5着。中団の道中から直線ハラを括ってインを突くも、ダイアトニックがフラついて進路を塞いできてそれまで。その後、かなり狭い所を突いて何とか上げてきたけど、5着が精いっぱいだった。ただ、スムーズならかなりやれた感じの脚勢だし、今回はイン突き失敗でご愛嬌な所がある。あまり評価を落とさなくて良いと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする