アクセスランキング 中山記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山記念2020回顧




ダノンキングリー

中山記念1着。出が良かった分と馬場状態が良好な分、序盤で前について行きたがった所はあった。少しだけノリさんが手綱を絞っていたね。ただ、前二頭が引き離していくと目標が無くなって普通に折り合った。やはり近くに馬がいると気が入るみたいだね。スローだったし、前目にいたのは良かったんじゃないな。先頭に立ってもソラを使った雰囲気はなかったし、上々の立ち上がりに見えた。




ラッキーライラック

中山記念2着。折り合いがつき過ぎたというか、前進気勢が不十分な感じでスローなのに道中追っての追走で少し変だなとは感じた。実際4角からㇺチが入っている様な手応えてその間にダノンキングリーに先に行かれた。直線何とか巻き返していただけに勝負所でハミを取らなかったのが響いた。前哨戦仕上げと言う感じの動きだし、ここを叩いて次は変わってくる算段のハズ。引き続き期待。

インディチャンプ

中山記念4着。スローで後ろに位置取りするハメになったのは響いた。スタートがスタンド側のレースだから初めて分かったんだけど、周囲がどんどんこの馬を交わして前に行った時に釣られて前に行こうとして掛かっている。前哨戦だし、馬が掛かり始めたら抑えざるを得ないので、後方になったのはある程度仕方がない所がある。

ただ、この掛かるプロセスからすると、外枠になれば折り合いはつけられるかも知れないな。

ペルシアンナイト

中山記念5着。隣にいた牝馬のソウルスターリングを気にしたような感じで出遅れた。ゲート内の駐立が良いかと言われれば微妙な馬だし、出遅れはまぁあり得ると考えるべきだったかも。スローの後方から早めに動いて、勝ちに来た分、最後は持たなくなってタレた。結果的に自分の競馬をしていればもう少しやれたという感じじゃないかな。

折り合いはやはりつくようになってきていて、距離はもっと長くても今なら恐らく大丈夫。

ウインブライト

中山記念7着。個人的に元々あまり評価していないからこんなモンじゃないかなと思う。ラッキーライラックの後ろにつけて折り合って運んだけど、勝負所で全く進まず4角で完全に後退していた。気乗りしていない所もあったとは思うけど、そんなに自分から動く馬でもないし、本当、これ位の馬なのかなと思ってる。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする