アクセスランキング 【弥生賞ディープインパクト記念2020】最終追い切り所見  1/2 元馬術選手のコラム【競馬】

【弥生賞ディープインパクト記念2020】最終追い切り所見  1/2 元馬術選手のコラム【競馬】

アラタ、ヴィズサクセス、ウインカーネリアン、エンデュミオン、オーソリティ、デヴィナシオン




弥生賞ディープインパクト記念20202020の追い切りについて所見を述べていきます 1/2 by アラシ

アラタ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 馬なり

5F67.3    4F53.0  3F39.5 1F12.6

未勝利戦1着。道中噛む馬ではあるけど、今回はGⅡだし追走も大変と思う力量で、抑えるような場面は出ないハズ。末脚は使えない馬だし、重賞では荷が重いと思う。他馬が崩れない分には着を上げられないと思う。

馬なりでも時計は遅くないし、ジョッキー騎乗の僚馬を手応えで制しているなど、追い切りでの動きは思ったよりかなり良い。レースで見られた掛かる気配も見られなかったし、状態面では注文事項はないな。

74点

ヴィズサクセス

※追い切り映像は無し

ゆりかもめ賞9着。直線追って伸びず最下位凡退。バテた感じはしなかったから距離負けではないハズ。多分、前進気勢が入らないタイプで追って中々伸びないんじゃないかな。未勝利1800mから次走2400mと延長しているのはそういう理由じゃないかと思う。




ウインカーネリアン

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

5F66.4    4F51.7  3F38.1 1F12.1

セントポーリア賞6着。ここ2戦逃げているけど、他のレースを見る限り馬群でも普通に競馬が出来ており、特に番手でも問題なさそう。追ってピリッとしないタイプで早めスパートに活路を。まともではかなり厳しい立場だと思う。

時計は出すつもりだったんだろうけど、馬が掛かって行く気になりすぎていた。ただ、レースで追って動かない所を見ると、これくらい気持ちが入っていた方が逆にプラスに出るかも。直線に入る前に手前を替えるなど、走る気はとにかくある様。

68点

エンデュミオン

栗東 CW  良 水曜日  併せ 強め

6F82.3 5F66.6 4F51.8  3F38.2 1F12.1

あすなろ賞11着。決着時計2分01秒4のレースで4角バテして2分03秒4の入線では見込みが経たない。2走前は2分01秒台で勝ってはいるし、道中の進め方次第なのかな。相手に併せるペースになるここは厳しいとやはり思うよ。

馬場状態が良いとは言え、トラックコースの外々をキッチリ回して手応え残しての5F66.6秒なら良い部類だろう。これだけ攻めてもバテた感じは全くなかったし、面白いんじゃないかな。折り合いもつきそう。

79点




オーソリティ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

5F67.8   4F51.8  3F38.0   1F12.1

ホープフルS5着。序盤で緑帽子の馬に弾かれて後方になった挙句、掛かって前に行ってしまったのがどうにも響いた。かなりロスを喰らった感じだし、それでの5着なら立派だと思う。勝馬に喰らい付いてバテての5着であり、自分の競馬に徹していれば3着は狙えたハズだし、中身のある走りをしていたと思った。

回ってくる感じから、ここも掛かりそうで少頭数は救いか。他馬を前に置ける多頭数の方が良いかも知れないけど、これはどっちとも言えない。3勝クラスで実績のあるレッドフレイとの併せ馬でも手応えで勝っていたし、やはり実力は秘めている。折り合い一つ。

71点

デヴィナシオン

※追い切り映像は無し

未勝利戦1着。アタマを上げて口を割りながらの追走で、これだと背中が陥没して騎手の荷重を重く感じてしまう上に、呼吸頻度も多くなりムダに消耗してしまう。それでもキッチリ伸びて勝っているから実力はあるんだろうけど、レースのムダが多すぎて重賞で来るイメージがわかない。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする