アクセスランキング チューリップ賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

チューリップ賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

チューリップ賞2020回顧




マルターズディオサ

チューリップ賞1着。ここ2戦五分にスタートが切れており、デビュー時に見られた出遅れはまず心配いらなくなったかも知れないな。レシステンシア対策で序盤から出して行っても終いを失わない事が分かったし、大きな収穫があったと思う。折り合いがつく以上、終いで確実に使えるし、先手からでも脚が繰り出せる事を確認できた等、本番に向けて視界が拡がったと思う。これなら桜花賞も楽しみ。




クラヴァシュドール

チューリップ賞2着。ロスを完璧に抑えて、直線もほぼ理想的なタイミングでスパートを掛けられた。序盤からレシステンシアをマークするなど意識して乗っていたね。最後はマルターズディオサをほぼ同じ手応えの追い比べだったけど、相手がスピードで勝っていたと思う。距離が延びれば違ってくると思うけど、マイルだともうワンパンチ及ばない感じが出るね。

レシステンシア

チューリップ賞3着。内枠からこの馬の競馬!という理想的な逃げを打って4角までかなりキレイに回れた。あそこで勝ちを確信した人も多かったんじゃないかな。ただ、今回はマークされる立場で各馬が早めに仕掛けて並んできた分、前回よりしんどくなった。

北村騎手は後続を引き付けていた様だけど、併せて伸びているとはお世辞にも言えず、結果的には前回同様後続を待たずに押し切りに行った方が良かったかも。

ウーマンズハート

チューリップ賞6着。33秒台が多く出る上りの競馬で後方に居たのが裏目。展開が向かなかったと思う。抑えて少し掛かっていたし、折り合いはもう一つ欲しい感じはした。追い切りでも手控えていただけに後ろでタメるとは思っていた。展開が向かなかっただけで、流れていればまた違ったハズ。大きくは評価を下げなくて良いと思う。

スマイルカナ

チューリップ賞7着。逃げに出ず、好位を試したのが裏目。3走前までがそうだったように、この馬は馬群でヘッドアップしてかなり慌てる。陣営としては試したつもりだったんだろうけど、やはり逃げに行った方が良かった感じだね。道中慌てた分もあるだろうけど、差しの脚はそこまで頼りづらいし本番では気分の良い逃げを。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする