アクセスランキング 弥生賞ディープインパクト記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

弥生賞ディープインパクト記念2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

弥生賞ディープインパクト記念2020回顧




サトノフラッグ

弥生賞ディープインパクト記念1着。直前の追い切りで一杯に追っていた分か、重馬場でも馬が行きたがって少し掛かると所があった。逆に言えば馬場をそれほど気にしていなかったとも言えるし仕上げて出していたのは良かったと思う。

4角かなり早めに動いたけど、手応えが良すぎて抑えるよりも、馬場の良い外で一気に行かせた方がと言う判断があったんだろう。前走もそうだったけど、一頭になってもソラを使わず伸び続ける馬なので、早仕掛けは問題ないタイプ。余力を残して勝ち切っているし、強い内容だったね。これは皐月賞候補として楽しみ。




ワーケア

弥生賞ディープインパクト記念2着。外枠からそのまま馬場の良い外を確保して折り合いもほぼつけながら全くソツなく騎乗した。4角で早めに動いたサトノフラッグとの差が出た感じで、結果的に追い遅れた形になった。前がバックリ開いていたし、直線で追いつけなかったのは単純に脚力差だろう。末脚は引き続きあるし、この馬も皐月賞でノーチャンスとは思わない。

オーソリティ

弥生賞ディープインパクト記念3着。向こう正面の早い所から動いてしまった分、終いがかなり浅くなった。ちょっと日本っぽくない騎乗をしてしまった感じだね。重馬場は「タメて一気に追う」様にしないと、脚をムダ使いさせて終いで止まり易い。早めに動いてこの決着なら馬は強いと思う。上位2頭と似た騎乗をしていればもう少しやれたと思う。

ブラックホール

弥生賞ディープインパクト記念4着。後方だったのがアダになって途中で止まったけど、タメて4角から一気に動いたし、騎乗としては文句が無かったと思う。結果的にはもう少し前で競馬をすれば、と言う事になるだろうけど、折り合いを気にしていた風だったし仕方がない部分はあると思う。皐月賞はちょっと厳しいと感じたけど、一度使って落ち着いて折り合いがついてくれば或いは。

オーロアドーネ

弥生賞ディープインパクト記念5着。重馬場で各馬外に寄せていく中この馬はインを選んだ。距離ロスはその分省けていたし、どっちがよりメリットが有ったかは分からない。3角あたりで馬が掛かって動いてしまい結構な早仕掛けになった。もう少し待って一気に追えればもう少し頑張れたかもしれないな。坂に入るまでは脚勢もそこそこあったし、まずまず中身のある走りをしていた。これならまたどこかで勝てるんじゃないかな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする