アクセスランキング 【金鯱賞2020】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【金鯱賞2020】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

ギベオン、ケイデンスコール、サートゥルナーリア、サトノガーネット、サトノソルタス




金鯱賞2020の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ

ギベオン

栗東 CW 不良 水曜日  併せ 馬なり

5F67.2   4F51.9  3F37.9 1F12.0

中山記念10着。勝馬に近い位置にムリなくつけていたし、展開は悪くなかったはず。道中少し噛んだけど、極度に消耗するほどにも見えなかった。4角でペースが上がって外に振られそうになったところでフォーリー騎手に一気に内に引っ張られてバランスを失っていた様にも見えたけど…。直線も右に左にガッチガチの手綱さばきで、小回りの中山に鞍上が対応しきれていないのかな、と感じた。

珍しく抑える追い切りをしてきた。最後は併入でも落ち着かせる事に主眼を置いていたし、掛かる気配でも出ているのかな。今までのレースではタメを利かせた競馬で戦えて来ている馬だし、この雰囲気は少し不安だな。

28点

ケイデンスコール

栗東 P 良 水曜日  単 馬なり

6F83.5 5F67.3   4F51.8  3F37.5 1F11.6

東京新聞杯12着。後方不発が続いたせいか、前回は先手に出して競馬をしてきた。ただ、好位からおわれて抜けてくる事も出来ず、結局前有利の競馬になったにも関わらず7着と味気なく敗北。レースで手を抜くようになったのかな。道中の運びから感じる程は伸びていない。

ポリでも重みを感じる走りになってしまっているし、小手先だけで回っている。追われてハミを取らないなど、仕上がりにも疑問。引き続き軽視で。

6点




サートゥルナーリア

栗東 坂路 重 水曜日  併せ(実質) 強め

4F49.8 3F36.4 2F24.2 1F12.3

有馬記念2着。折り合いをバッチリつけて温存が利いた分、本来の力を発揮できた。終始鞍上の拳が馬の肩上にあったし、この仕上げには脱帽。アーモンドをマークして4角も早めに動いた分、勝馬との差が出たけど、あれだけ大味に回してこれならやはり強い。今後も折り合いがつけば絶対楽しみ。休み明けは折り合う馬だし、いきなりでも楽しみ。

鬼の様な時計をㇺチも使わず出している上に、坂の終わり付近でも他厩舎の馬をめがけて一気に交わして尚伸びるなど、動きは引き続き怪物級。折り合い次第。ここまで追った事は過去に無いから、テンションがどうなっているのかは誰にも分からない。ガス抜きになっているようならここでは相手はいないだろうし、気乗りしすぎて掛かるようなら自分に負ける。いつも通り、「折り合えば」の馬。休み明けは落ち着いているから心配はあまりしていけど、どうか。

75点

サトノガーネット

栗東 坂路 重 水曜日  併せ 強め

4F51.2 3F37.9 2F25.3 1F12.8

日経新春杯7着。スタートは出るけどダッシュが悪く後方になる。早めに焚きつけてもあまり反応を見せず、直線で着を上げる競馬になる。終いは毎回使っているだけにエンジンの掛かり所一つで上位はありそうな、穴気配の強い馬。乗り方のある馬で坂井騎手が騎乗してくれれば。

追って競らない所はあるけど、いつもの事で、そもそもズブいから…。54.0㎏の斤量でどこまで他馬と素早さの差が埋まっているかがカギ。そう考えると、軽い斤量を貰って格上と戦う方が走れるかも知れないな。動き自体は前回と大きく違わないと思う。

68点




サトノソルタス

美浦 南W 重 水曜日  併せ 馬なり

5F67.0   4F52.5  3F38.4 1F12.6

中日新聞杯5着。直線詰まりまくって手応え余しての5着だし、割り増せる。ブリンカーを着けて追い切りも単独でやる等、馬群に気を使った調整で出てくるけど、レースを見る限り(確かにキョドってはいるけど)、何とか混んだ所もこなせそう。悪い馬ではないと思う。

鞍上の指示を上手く聞く感じで67.0-52.5-38.5-12.5と機械的なラップを刻めるのは折り合いがつく証拠。追われてからもまずまず速く反応しているし、動きも決して悪くない。折り合いがつきすぎる分、自分から行かないのがネックになるのかもな。

73点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする