アクセスランキング 【金鯱賞2020】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【金鯱賞2020】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

サンレイポケット、ジュンヴァルカン、ダイワキャグニー、ニシノデイジー




金鯱賞2020の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ

サンレイポケット

※追い切り映像は無し

中日スポニチ賞1着。出遅れもある馬なので後方からの競馬が前提。脚力は良いものを持っているし、ハマれば行けるんじゃないかな。ほぼ全てのレースで確実に良い脚を使って伸びて来ている馬だし、オープンで戦っていける実力は持っていると思う。

ソウルスターリング

※追い切り映像は無し

中山記念3着。かなり掛かる馬だからぶっ飛ばして他馬のいない位置に行ってしまった方が走ると言う事だろう。能力は高いけど、掛かって消耗して自滅をしているだけに、ここも他馬の追いつけない前めで競馬をすれば有終の美も有り得そう。

ジュンヴァルカン

※追い切り映像は無し

仁川S14着。最後までかなり追われてㇺチも入っていた所を見ると、バテたワケではなく持てあましたんだと思う。昔は末脚を使ってくれた鋭い馬というイメージだったけど、今は見る陰もないね。出遅れ頻繁で危険だし、あえて検討する馬ではないな。




ダイワキャグニー

美浦 南W 重 水曜日  併せ 強め

5F65.4   4F51.1  3F37.8 1F13.1

白富士S7着。内枠からハナを取れる、この馬の競馬が作れていた様に見えたけどね。ペースもまともだったし、開幕週で自身の走った内目も馬場が良かった。にも関わらず直線失速と言うのはまぁ、馬だし、そういう事もあるのかな、としか言いようがないかも。前で走らせれば結構粘る馬だしスローならば。

以前見た時よりも馬が固くなっている。具体的には緊張して無駄に力んでいる分、筋肉が緊張して関節の可動が狭まってストライドが縮んでいる。ㇺチ牽制が入ると一層その傾向が強くでたし、一時よりも見劣りするね。どうかな。

14点

ニシノデイジー

美浦 南W 重 水曜日  単 強め

5F66.6   4F52.0  3F38.1 1F12.0

AJCC6着。出遅れて最後方、道中は位置取りを上げていたしジリジリ脚を使ったのは終いに響いたと思う。あまり追ってグンっとタイプの馬ではないだけに、十分な体力が残ってないと走ってきづらいだろう。気持ちで前進ってのが無い分、体力勝負。

かなり頭を上げて走っているのに後肢の踏み込みが深いのは脱帽。アタマを上げると背中の位置が下がる分踏み込みにくくなるんだけど、その割にテケテケ小走りになる所はない。馬っぷりが悪いなりに決め脚を使えるのはそういう後肢のデキ故なんだろう。悪くはないと思う。シャドーロールで気が散っている様に見えたし、外した方が良い様な???

61点










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする