アクセスランキング 金鯱賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

金鯱賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

金鯱賞2020回顧




サートゥルナーリア

金鯱賞1着。ゲート直後に躓いてガクっとなった所でハミが当たったハズだけど、その後の捌きは終始落ち着いていた。外に蓋をされないポジションを確保してこの馬としてはノンビリのペースで競馬が出来、丁度良い前哨戦となった。勝ちに行った馬がいなかった分、直線で相手を射程距離に入れて、8分の追いで十分交わせた。折り合いさえつけばこれ位の芸当も朝飯前の馬。2戦目はよく掛かる馬だから、次回はそこに注目。




サトノソルタス

金鯱賞2着。スローを察知して前に促して行ったのが幸いしただろう。動かすにしてもハミがブランブランの状態で行けてしまうし、やはり折り合い性能は高い。レース中無駄に消耗しないのが長所だね。自分のタイミングで追い出した分、勝馬にはアッサリ交わされたけど、これは格というものだろう。スローなんだし、もっと極端に早く動いて勝ち狙いに行っても良かったと思うけどね。あんな堅実騎乗では怪物は倒せない。

ダイワキャグニー

金鯱賞3着。1角入るところで既に労せずハナに立っており、ペースもスローに落とせる絶好の競馬。イン側の馬場状態がまだまだ良い中で直線もこの馬なりの走りをする事が出来た。サトノソルタス同様、かなり早めに動いて勝ちを狙ってみるのも手だったと思うけど、ジョッキー判断と言う事だね。かなり展開は向いたと思うよ。

ギベオン

金鯱賞4着。インでロスを省いてタメて乗るも直線前が開かずに追い遅れ。スローだと馬群のバラけが出来にくい分、どうしても詰まりやすくなってしまう。最後捌いて追った時には時すでに遅し。手応えの感じからスムーズなら2着争いは出来ていそう。ま、果敢にイン突きしたって実らない時もあるし、こればかりは仕方がない。

ラストドラフト

金鯱賞5着。サートゥルナーリアを後方からマークする2着狙いの騎乗でそれまで。ペースが落ち着いてしまった分、前が止まらず追っても追っても届かない競馬になった。近い位置で競馬をしていた馬は封じていたし、能力のある所は見せてくれたと思う。展開が違えばまた違ってくると思うよ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする