アクセスランキング スプリングステークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

スプリングステークス2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

スプリングS2020回顧




ガロアクリーク

スプリングS1着。前回は追って加減する所があったけど、今回は33.8秒と突き抜けた脚を使った。地力は高いと思っていたから、本気を出せばやれるという事なんだと個人的には思う。勝馬マークで上手く運べたのはあるけど、それで勝てたのは脚力が勝馬に勝ったからこそだからね。大したものだと思う。展開要素は少しあったけど、ほぼ地力で勝てており、皐月賞も戦えると感じた。




ヴェルトライゼンデ

スプリングS2着。ファルコニアがマクって行った所で、マークに出て早めに脚を使って動いて行ったのが裏目に出た。スローだっただけに前の有力馬をマークに行くのは理にかなっているし、マーク馬が5着だったのは結果論として仕方がない。タメていればもっと終い伸びたハズだし、皐月賞で再度。五分の展開で競馬をしていても勝馬には負けていたんじゃないかなと主観的には思う。

サクセッション

スプリングS3着。いつもは折り合いがつききらず3角入口で動いてしまう馬だけど、このスローでもキチンと折り合った。4角一気に動いた所でスペースなしの大外ブン回しを強いられ、終いに響いた所はあると思う。ただ、巨漢で跳びが大きい馬だけにああするしか無いかも。インでジッと回って開いてから一気というのはやりにくいのかも知れないな。コーナーを速い上りで回るのは苦手そうにしていたし、広いコースの方が合うかもね。

ファルコニア

スプリングS5着。駐立の悪い馬だけど、ゲート自体は概ねまともに出た。隣の馬にイヤイヤした所が出たし、それで併走を避けるために最後方に下げた感じだね。スローになってしまったし、これは裏目に出た。あのまま後方に居たら座して敗北を待つだけだから、脚が無くなって終いバテたにせよ、途中からマクって行ったのは好判断だったと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする