アクセスランキング 阪神大賞典2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪神大賞典2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪神大賞典2020回顧




ユーキャンスマイル

阪神大賞典1着。さすがに折り合いがつく。右にモタれる馬なので所々外に引っ張られはしていたけど、それ以外が全般通じてハミを外して遊びを作りながら走れており、これなら長い距離を走っても消耗を抑えられる。脚力もキレるものを持っている馬だし、まさにこの馬の競馬が出来たと言う事だろう。天皇賞、最有力と言えるんじゃないかな。崩れにくい。




トーセンカンビーナ

阪神大賞典2着。出遅れは常連なので、主戦の藤岡康太騎手からすれば想定の範囲内だろう。特に取り乱すことなく勝馬の後ろでジッと折り合いがついていたし、初の3000mに上手く対応出来ていたんじゃないかな。直線は相当追い出しを待たされたけど、前が開くと素早く良い脚を繰り出して2着を確保。決め手は持っている馬だし、こういう馬がハマると天皇賞も怖い。

メイショウテンゲン

阪神大賞典3着。ヤル気の無さを全面に出し、3000m級のレースで追い通しになるなどズブ馬の真骨頂を見せた。逆に言うと掛かる心配が全くなく、長距離でも我関せずのマイペースで行けるという事なのでやはり長い所は合っている。最後は余力があってもボスジラに併せて加減していたね。最後ボスジラが垂れた所でトーセンカンビーナが視界に入った途端加速した。ヤル気の無い馬だけど、競るとちょっと違う所もあると思う。直線、併せてみると面白いかも??

キセキ

阪神大賞典7着。もうあの大出遅れが全てだよね。昔から序盤の遅い馬ではあったけど、ここまで出ないのは初めてじゃないかな。その後出して行った分か折り合いを欠いてしまっていたから、最初の直線でマクったのも苦し紛れだったと思う。向こう正面入っても全然折り合っておらず、川田騎手の肘が張っていたし、まずリズムが作れなかった。これでは厳しいと言う事だと思う。この馬の悪い所が出たね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする