アクセスランキング 【日経賞2020】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【日経賞2020】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

アイスバブル、ウインイクシード、エタリオウ、ガンコ、クレッシェンドラヴ




日経賞2020の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ

アイスバブル

栗東 CW 良 水曜日  単 馬なり

6F84.7 5F67.0 4F52.1  3F38.2 1F12.4

万葉S6着。手綱を絞って乗られている部分が大半だったし、消耗はあったと思う。4角でかなり追いが入っていたし、距離をこなせていなかったと思う。切れ味のある脚は持っている馬だし、短縮で再度。ただ、もっと距離は短い方が良い様に感じる。

直線で手前を替えようとしていたけど、ミスステップを繰り替えしており、手前を替えるのが下手なのか、左手前に寄っているのかな?と思ってしまう。距離の長い所では上手く左右にバランスを散らすのも大事だろうし、あまり良い印象はない。ハミも取ってないけど、そういう馬ではある。

50点

ウインイクシード

美浦 南W 良 水曜日  併せ 馬なり

5F66.5   4F51.1  3F37.7 1F13.4

中山金杯2着。この馬の位置取りというか、それなりに速いテンから無理なく先手を取って勝馬の後ろで折り合って運べた。4角で既に進路は確保出来ていたし、前残りの展開も相まってほぼ最高の競馬が出来ていたと思う。斤量差3㎏の勝馬を捉えれなかったのは実力分だろうね。

4角で噛んで行きたがっていた割には直線入ってその気勢を消失して伸びなかった。道中掛かって、直線はヤメるという実にいやーな構図の追い切りだった。元々馬っぷりが微妙と言うか、クセのある馬だしちょっとどうかな。

15点




エタリオウ

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F56.1 3F41.1 2F26.5 1F12.8

有馬記念10着。以前に見られた出遅れは克服した様で、今は先手で競馬ができている。前回は先手の4角手応え喪失だったけど、メンバーが数段軽くなるここなら久しぶりにチャンスが回ってきそう。先手で行ける様になったのは紛れもない進歩だし、前進を。

一週前に一杯に追っているワリにはズブみが抜けて来ず、重さの残る悪い時のこの馬の動き。追い切りは毎回大して動かない馬とは言え、良化をしていないのは事実。あまり馬から走る気持ちを感じないし、悪く見える。

9点

ガンコ

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F54.8 3F39.0 2F25.2 1F12.6

京都記念9着。かなり渋った馬場で若干掛かり気味で進んだ分、消耗がキツくなった様に見えた。元々追走が大変なレベルな上に、折り合いを欠いたんでは目はなかった。ここも上位は想像しずらい。良馬場なら距離は長い方が良いと思う。

時計が緩い分余力が残っているので、映像部分の動きは良く見える点に注意。これ位の時計なら崩さずにまとまったフットワークで登れるみたいだね。時計を速くした時にどうかだけど、息を整える分にはよい動きと言えると思う。

68点




クレッシェンドラヴ

※追い切り映像は無し

中山金杯7着。序盤大きく下げたのが結果的に裏目に出た。4角で外からじわーっと加速して押し切る競馬で結果を出しているから、最内の枠から外めを狙うために決め打ちで下げたんだろう。最後は前残りの流れから一頭後方から一気に来ているし、力は示した。作戦の裏目りがありきなので評価は全く下げなくて良い。次も期待。鋭い脚を見せてくれたのも収穫じゃないかな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする