アクセスランキング 毎日杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

毎日杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

毎日杯2020回顧




サトノインプレッサ

毎日杯1着。基本で遅れる馬で、今回も大体いつも通りと言う程度で出遅れた。過去2回川島騎手が手綱を取った時は、そこからリカバリして掛からせて運んでいたけど、武騎手は焚きつけず後方で掛からせない様に乗っていた。過去2回の反省点を踏まえて騎乗してるフシがあり、これをシューティングして臨んだ陣営と武騎手の技ありの勝利だろう。

アルジャンナを交わして尚余裕があったし、折り合いがついた事により、この馬の脚を最大限に引き出せた。ヒューイットソン騎手にブロックされても焦らずチャンスを待った武騎手もいつもながら見事な騎乗だったと思う。

出遅れる以上、本番も視界良好とは行かないけど、新興勢力として存在感十分。良い走りを期待したいね。今日の折り合いからすればその先の2400mも心配ないだろう。

アルジャンナ

毎日杯2着。序盤位置を取りに行った分、少しカっとなってしまったのは終いに幾らか響いたと思う。賞金の関係上2着が欲しい馬だし、構えずに乗った所はあった。ただ、折り合いをつけて完璧に運んだとしても勝馬のあの脚勢を跳ね返せたかどうか。力は見せたけど、今日は相手が強った印象が残った。










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする