アクセスランキング 【大阪杯2020】最終追い切り所見  2/3 ダノンキングリー、ブラストワンピース等 元馬術選手のコラム【競馬】

【大阪杯2020】最終追い切り所見  2/3 ダノンキングリー、ブラストワンピース等 元馬術選手のコラム【競馬】

ジナンボー、ステイフーリッシュ、ダノンキングリー、ブラストワンピース、マカヒキ




大阪杯2020の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ

ジナンボー

美浦 南W やや重 水曜日  併せ 馬なり

5F68.2 4F53.3  3F38.7 1F12.5

小倉大賞典3着。最近は番手でも競馬が出来る様になってきており、戦術に少し幅が出てきた。以前は単騎か最後方かだったんだけどね。地力は相応に高いから、気分よく行ければ或いは。掛かって自滅は普通にある馬で、そこは警戒。

掛かりそうではあったけど、併走して我慢が利いていたし、折り合いに大きな不安があるこの馬としては動きは良好と言えるだろう。もう一回り落ち着けば力を出し切れるだろうけど、まだまだ本番で力む感触は残る。

49点

ステイフーリッシュ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 一杯

4F52.9 3F38.3 2F25.4 1F13.2

京都記念3着。いつも通りの競馬でダッシュ良くスムーズに先手を取って、折り合いも維持しながら絶好の4角。ここから追い脚がワンパンチ足りないのもいつもの事でお決まりの3着。良くも悪くも今まで通りだね。今後も変わり身のあるタイプではなさそう。

この時計でシンドさを出す馬ではないんだけどな。最後は手前を戻して止まろうとしていたし、優等生系のこの馬らしからぬ動き。運動を厭う所があったのかな。良くは見えない。

28点




ダノンキングリー

美浦 南W やや重 水曜日  単 馬なり

5F65.4 4F50.3  3F36.8 1F12.0

中山記念1着。出が良かった分と馬場状態が良好な分、序盤で前について行きたがった所はあった。ただ、前二頭が引き離していくと目標が無くなって普通に折り合った。やはり近くに馬がいると気が入るみたいだね。スローだったし、前目にいたのは良かったんじゃないな。先頭に立ってもソラを使った雰囲気はなかったし、上々の立ち上がりに見えた。

ハミを当てない様に拳を開いてフリーハンドで走らせていた。その分、ハミを取らずに落ち着いて走れていたのは良かったと思う。ただ、そこに気を使っているという事は折り合いが引き続き警戒必要と言う事。前回と言う事は一緒で、折り合いさえつけば脅威。調整はかなり順調と言えると思う。

88点

ブラストワンピース

美浦 南W やや重 水曜日  併せ 馬なり

4F51.8  3F37.3 1F12.3

AJCC1着。外枠から推すこと無くロスのない所に入れるなど、エスコートは上手く行った。それでも久しぶりの分かハミを噛む所があったけど、元々のっそりしている所もある馬だし、ちょっと掛かるくらいがちょうど良いと思う。4角でマイネルフロストが故障で急失速した際に出来たスペースをめがけて一気にインに進路を切り替えた川田騎手の判断も素晴らしかった。キチンと前を追いかけて競り落としているし、上々の競馬じゃないかな。次も楽しみ。

ヘッドが高くて四肢だけになるのは毎度の事なので今更気にしない。元々走り方で見映えのする馬ではないんだ。直線入口で前伸びしているんだけど、本気で走らせると一完歩毎に頭が上がる。これさえ気にしなければいつも通り。少し距離は短いかも。

68点




マカヒキ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F54.4 3F39.6 2F25.9 1F13.1

ジャパンカップ4着。直線一気に賭ける騎乗に打って出た。今は3~4角で前について行かないし直線も前進する所は見られないからごちゃごちゃ指示を出すよりは一回にポイントを絞った方が動くのかも。坂で鈍る所は見えたけど4着だし上々の結果じゃないかな。末が届く展開になっていれば面白かったハズ。

落ち着きが出すぎてきてしまっており、一週前に5F66.8秒で攻めたにも関わらず、全く闘争心ひ火がつかず、今回の追い切り共々頭が上がってしまって浮ついている。速い時計でもシンドそうでないのは流石だけど、今までこの馬を見た中ではかなりイマイチに見えた。ここを叩いてと言う出来に感じた。

18点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする