アクセスランキング 大阪杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

大阪杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

大阪杯2020回顧




ラッキーライラック

大阪杯1着。絶好のスタートで裏目に出るんじゃないかと思ったけど良く踏ん張った。他馬に交わされた所で掛かってもおかしくない馬で、実際手綱が張ったけど、制御の利く範囲で折り合えたのは成長分。

4角で危険を詰まる承知でインでタメ続けたデムーロ騎手の胆力にも脱帽だね。スローでイン前有利だったから、前がダノン・横が人気薄のジナンボーでもスペースが開かず出て来れない危険はあった。それでも構えてしまうんだから、今日は人馬ともに褒めまくるしかない。

クロノジェネシス

大阪杯2着。やはり序盤で掛かりそうな気配は出たけど、向こう正面では折り合いをつけて運べた。ラッキーライラックをマークしつつ、ダノンキングリーを目標に上手い道中だった。4角で早めに動いて外に出した分、インでタメに徹していたデムーロ騎手とラッキーライラックに跳ね返された。

鞍上いかんによっては、4角でラッキーライラックを締めつつ、前のジナンボーが垂れる方に張ってイン突きをする人もいたと思うけど、ここはジョッキー判断なのかな。




ダノンキングリー

大阪杯3着。序盤誰も推さなかった分、逃げに行こうと決めたのはゲートを出てからだろう。折り合い重視でハミを当てたくないのもあったのかも。実際今までで一番折り合って進めていたと思うし、競馬としては上々だったと思う。自ら逃げた分、マークされてしまい4角で早めに他馬に来られて厳しくなってしまった。

直線で追い掛ける対象が無かったせいか、ハミの取りもイマイチだったしやはり前に何頭かいた方が良いんだろうね。

ワグネリアン

大阪杯5着。どうしたって掛かる馬だから、先手に出して行くワケにも行かず手控えた分、後方になってしまった。毎度の事だけど。特に今回はある程度だそうとはしていたみたいだけど、他馬の後ろから何頭も来られて制御できなくなりかけた。

道中も好馬場のスローだった分、掛かっていたし終い陰るのもうなずける感じではあった。追って前を詰められなかったし完敗と言う内容。折り合いがつけばもう一回り伸びると思うけど、中々馬が丸くならないね。

ブラストワンピース

大阪杯7着。外に出して後方になったのは脚質的な部分もあるからある程度仕方がない。4角マクりに来た事からも分かる通り、ラッキーライラックみたいに前が開いたら一気に…と言う馬ではないから、ジリ脚のロングスパートを使うには外に出すしかなかった。さすがに後方になりすぎたのと、スローで早めに脚を使っていった分終い垂れてしまった。

前が崩れる展開にならないとこのメンバーでは厳しかった。末脚比べになってしまい、前と詰められなかった。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする