アクセスランキング 桜花賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

桜花賞2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

桜花賞2020回顧




デアリングタクト

桜花賞1着。各馬レシステンシアをマークして早めに動く展開になるも、ドッシリ構えて自分の競馬に徹した。松山騎手の好判断だね。武騎手の誘いに乗ってレシスについて行った馬はみんな止まってしまったからね。

自分の競馬で勝負すれば十分勝てると言う判断があったんだろうし、持ち味を引き出す事にてっしたんだと思う。最後はさすがにこの馬場でシンドくなっていたけど、前にレシステンシアを見ると馬が右にもう一度手前を戻して再加速。馬も勝ちに行ったね。豪脚+最後でもうひと頑張りと二つの強さを見せつけた。

折り合いも付くし、オークスは更に楽しみに。

レシステンシア

桜花賞2着。外枠だった分、単騎に持ち込めなかったし序盤ムダ脚を使わされた。末脚の利かない馬場状態で後続が来づらい分、その点は有利に作用していたと思う。序盤の消耗が無ければ直線でもうひと粘り出来たハズだけど、内枠からベストに運んでも勝馬の決め手を跳ね返せたかは個人的に疑問。今回は完敗じゃないかな。




スマイルカナ

桜花賞3着。逃げればやはり強い。内枠を利してダッシュ良くハナに立つ自分のカタに持ち込めた。終いは流石に苦しくなってていたけど、レシステンシアをマークして早めに動いていた後続も同様に苦しくなっており、前にいたこの馬は相対的に有利な流れになった。

末脚が利かない馬場状態で展開にも助けられた部分はあるけど、元来直線でも二の脚を使うなど逃げてガードの堅い馬。この後の十分楽しめる存在だと思う。

クラヴァシュドール

桜花賞4着。途中でつまずいたのか、一気にポジションを下げる所が出た。後はもう良い意味で開き直って後方からイン突きに賭けたけど、これが意外に伸びて4着を確保。あの後退があってこの着順なら十分上出来だろう。元々長距離で活きる馬だとおもってるし、オークスで再度。

サンクテュエール

桜花賞6着。インで回れた分、3~4角もロスを省いて落ち着いて乗れており、自分のタイミングで動けていたと思う。馬場の影響がどれだけあったかは分からないけど、能力は出せる回り方だったと思うし、ここは完敗。早めに動いた他馬が自滅の結果になったし、タメてたこの馬はそこをさらえた感あり。あまりこの6着を高く評価しない方が良いかも。

マルターズディオサ

桜花賞8着。序盤から出して好位を狙うも、スマイルカナの後ろに付けた所でいきなり掛かった。土の塊でもあたったのかな。その後、外の方からガンガンまくられて更に掛かってしまったし、全くチグハグで見せ場の無い競馬になってしまった。この消耗の早い馬場状態であれだけ掛かってしまうと助からないね。

元来折り合いはつく馬だし、オークスでの反撃には期待できる。それと、所々ガックンしている所があったし、馬場は気にしていたみたいだね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あきお より:

    桜花賞的中おめでとうございます‼
    小生はマルターズディオサとクラヴァシュドールを各50%づつでした。
    前回より追い切り評価を拝見させていただいています。
    とても的確なコメント、今後も楽しみにしています。次回から買い目も参考にさせてください。