アクセスランキング 【アーリントンカップ2020】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【アーリントンカップ2020】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ノルカソルカ、プリンスリターン、ボンオムトゥック、リインフォース、ロードベイリーフ




アーリントンカップ2020の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ

ノルカソルカ

栗東 CW やや重 水曜日  併せ 馬なり

6F84.1 5F66.6 4F51.6 3F37.9 1F12.3

未勝利戦1着。逃げて良い勝負をしているけど、2走前の運びを見る限り特に単騎でないとダメと言う事ではない様子。前走は楽にハナを切れてペースも落ち着いて展開がハマっていた部分は大きいと思う。時計は大して速くないし、どうか。

他馬が一頭でも来るとかなり慌ててヘッドを上げているし、他馬だけでなく外の方も気にしている。これだけ頭が上がると重心が低伸しないから決め手は使えないね。時計はそこそこだから、気分よく行ければ。抜けてからは結構動いているし、ワンチャンの目はある。

59点

プリンスリターン

栗東 CW やや重 水曜日  単 馬なり

6F84.6 5F69.6 4F54.5 3F40.4 1F12.2

シンザン記念2着。デビュー当初はダッシュ力がもう一つで後方になる事が多かったけど、ここ2戦は五分より前で競馬が出来ており、レース振りは安定してきている。前回は無暗に早仕掛けをした分、勝馬を引っ張る流れになり、最後に差し返された。十分勝てる内容だっただけにここは注目。鞍上は替る方が良いだろう。

毎回最終は緩めに来る。前回の感じよりリラックス感が感じられて、関節が広く使えており、この状態で仕上がって気勢が入って来ていればかなり動ける状態になってくると思う。追った時にどうハミを取るかだけど、こなしの柔らかさはかなり目を引いたよ。

80点




ボンオムトゥック

栗東 坂路 やや重 水曜日  併せ 一杯

4F54.3 3F39.5 2F25.5 1F12.7

君子蘭賞1着。早め抜け出しの勝利だったけど、2走前の勝利を見る限り併せた方が走るのは他馬と同様の様子。スタートは速くて競馬を作れるし、終いもこの馬なりに一生懸命使っている感じはする。

ガンガンに追ってこの時計では文句なしに遅い。とは言っても2勝馬だし、レースでは伸びるのかな。追って伸びているし、バテてる気配もないし、競ってもいる。ただ時計が遅いんだよね。だから早めに動く馬なのか。肢勢が外に開いているけど、これだどエネルギーは外に逃げてしまうし、もったいない体つきだね。

64点

リインフォース

※追い切り映像は無し

あざみ賞5着。外枠からインに入れず、ロスを思いっきり被った。相当な実力馬でないと勝てない様な小倉大外回しで直線だけの競馬で伸びながらの5着なら大きく悲観は不要。オッズが悪化している様なら張ってみるのも手かも。




ロードベイリーフ

※追い切り映像は無し

1勝クラス9着。後方からやや早仕掛け気味で、確かに終い力尽きやすい騎乗ではあったけど、実力馬なら抜けて圏内に来れる間合いだったと思う。概ね実力は出していたと思う運びをしていただけに9着は額面通りに受け取ってしまう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする